5/6 3:00 ASAS

  • 2017年5月6日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/6 3:00 ASAS 
連休中にすっぽり日本付近を覆っていた高気圧は日本のはるか東海上まで移動。
変わって沿海州付近にある低気圧と九州の南にある低気圧が東進中。今日はこの2つの低気圧からのびる寒冷前線が西日本から北日本までを通過する見込み。
移動性の高気圧が東海上へ進むにつれて、この高気圧からの吹き出しによるウネリが反応するエリアも東にシフトしてきた。
今朝の千葉エリア、朝一から十分なサイズまでアップ。一宮周辺では胸肩から頭サイズあり南よりの風弱く一宮から太東までの各ポイントでは十分楽しめるコンディション。千葉南もマルキで久々朝一から十分楽しめるサイズ。千歳から千倉では弱いオフショアでボヨついているが十分楽しめるコンディションに。
湘南も今朝は朝一から楽しめる。鵠沼でも胸肩サイズ、鎌倉では腰腹サイズ。南東ベースののウネリなので西のほうがサイズがあり、湯河原の吉浜では肩から頭サイズが割れていてこちらも十分楽しめるコンディション。
伊豆も腹胸サイズあり、静波ではやや小ぶりな腰腹サイズだが楽しめそう。御前崎は胸肩から頭サイズでこちらも楽しめる。
伊勢もやっと反応してきた感じで、ラスタ前では腰胸サイズが割れていて賑わっていそう。四国は生見では胸肩でまだまだ楽しめる。内妻や宍喰は少し割れにくい時間帯か。鳴門でもまだ腰サイズはありそう。
宮崎も胸肩から頭サイズあって、少しハードな感じではあるが上級者には楽しめる波。
今日はこれから寒冷前線が通過するエリアが多くなり、風向きも南ベースの南西から北ベースへ変わってくるので、この寒冷前線通過のタイミングを見て夕方は別のポイントに移動するなどがよいかもしれない。
ただそこまでシビアな現象にはならないとは思うが、寒冷前線が通過するタイミングでは一時的に突風や雷などの現象も発生するエリアがあるかもしれないので、そこだけ一応は気にしておいてもらえればと。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #高気圧

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 やはり朝一の波がいい2 なぜ朝一の波がいい波なのか3 海岸での風の吹き方4 サーフィンにはオフショアがいい4.1 朝は風が弱くオフショアが吹くときが多い5 いい波に乗るために サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト やはり朝一の波がいい ボクは週末サー […]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!