8/15 3:00 ASAS

  • 2017年8月15日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

8/15 3:00 ASAS
今朝も関東地方は曇雨天で夏空とは程遠い。
台風5号が抜けてから同じような気圧配置が続いており、関東から北の太平洋側は北東からの風により気温は上がらず雲が広がる日が続く。今週末までは同じような気圧配置となりそうだが、来週になると太平洋高気圧が勢力を拡大してきそうであり夏空が戻ってきそうな週間予報。
北東からのウネリに反応する千葉から北の太平洋側、日本海側は波があり、湘南から西の太平洋側はプアーなコンディション。
ただし今日は九州から活発な前線が東進してきていて、激しい雨と雷が発生しているので九州から四国中国地方は注意が必要。
今朝の千葉エリアは北から北東の風。千葉北はやや北東が強めに吹いており今日も面に影響がでそうだが、一宮周辺で胸肩サイズ、片貝から九十九里エリアは腹胸サイズあり、朝一はまだ風の影響少なくできるコンディション。千葉南のほうが風は弱い状況。ウネリが回り込むマルキは腰腹サイズ、和田から千倉までは胸肩サイズあり面に影響少なくコンディションは良さそう。真夏のサーフィンとは程遠いが今日も波は続き楽しめそう。
湘南は今朝もスモールコンディション。
日本海側はややサイズダウン傾向だが、まだなんとかできるコンディション。西日本は雷が発生しているので海に入るのは危険な可能性あり、無理に海には入らないようにしたい。
台風12号からのウネリが明日くらいから千葉エリアにも反応してくる可能性あり、要チェック。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #オホーツク海高気圧 #台風12号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 鳥取エリア3 兵庫エリア4 京都エリア4.1 丹後エリア4.2 舞鶴エリア5 福井エリア5.1 高浜エリア5.2 敦賀エリア5.3 三国エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!