8/14 3:00 ASAS

  • 2017年8月14日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

8/14 3:00 ASAS
今朝もオホーツク海高気圧が千島付近にありその南に低気圧が停滞している。関東から東北にかけての太平洋側は、東から北東の冷涼で湿潤な空気が流れ込んでいる。台風12号は引き続き北北西へ北上を続けている。
西からは低気圧を伴った前線が東進してきており西日本はこれから下り坂に。
今朝の千葉エリアは北から北東の風。昨日から波の反応がよくなり各ポイントでサイズアップしている。風の影響を少し軽減できる片貝から北では腰腹から胸サイズあり新堤ではそこそこ楽しめていそう。一宮から志田下までは北東ウネリがダイレクトに入り肩頭サイズ。風の影響がまだ少なくサイズでているのでこちらも楽しめていそう。部原も胸肩サイズで混雑しているがいい波がきている。
千葉南は風をかわすマルキで腰腹、和田から千倉までは胸肩サイズあり、ポイントにより十分楽しめるコンディション。
湘南は今朝もスモールコンディション。
日本海側は引き続き今朝もサーフィン可能なコンディション。福井の三国から若狭までは腰腹から胸サイズ、京都の八丁浜も腰腹、鳥取の砂丘から白兎周辺では胸肩、島根の千畳周辺では腰腹のファンウェイブ。
一方西日本の太平洋側はプアーなコンディションが続いている。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #オホーツク海高気圧 #台風12号

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!