7/24 3:00 ASAS

  • 2017年7月24日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


7/24 3:00 ASAS
北緯30度東経150度付近にある台風5号は勢力を強めていて中心付近の最大風速は70KTとなり、tropical storm から typhoon へと昇格、風速33m/s以上となり強い台風となった。昨日の午後からは千葉から北海道までの太平洋側に台風からのウネリが届きはじめている。台風5号はその東側にある台風6号の影響を受けているのか、進路を南東方向に変えて停滞し複雑な動きをするようになってきた。
今朝の千葉エリアは南ベースの強めの風。東北地方にかかる前線に向けての南風が吹いている。波のサイズは飯岡では腿腰サイズ、それより南の九十九里から太東、夷隅から部原まで胸肩から頭サイズの台風swellがヒット中。ただし風が合わないポイントでは既にハードになっていてクローズ気味。風の合う一宮から太東まではサイズあり面もそこそこでいい波になっている模様。
千葉南はセットが入るとかなりハードになっていて南の風も強めに吹き厳しいスタートに。千倉は風交わしているがそこまでいい波にはなっていなさそう。
湘南もサイズアップしてきているが、南の風がかなり強く面はガタガタ。サイズは鵠沼から辻堂で腰腹までアップ。吉浜でも胸くらいで、これから更にサイズ上がってきそうだが、コンディション的にはイマイチな状況。
茨城は鹿嶋から波崎まで南を交わせるポイントでは胸肩サイズくらいがヒットしてそこそこ良さそう。河原子でも楽しめている。仙台新港は頭サイズ、北海道の浜厚真は肩頭で今朝は良さそう。
その他の地域も次第に台風からのウネリがヒットしてくるので、久しぶりのグランドスウェルを楽しみたいところ。ただし自身の技量をわきまえてポイント選びは慎重に。リーシュが古くなってないかギアの点検や体調などとよく確認。初心者の方は普段とは異なるコンディションなので要注意。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #熱帯低気圧 #台風

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!