【2018.1.25】東京には久しぶりに低温注意報が発令,今朝の気温はマイナス4度

  • 2018年1月25日
  • 2019年1月25日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


2018/1/25 3:00 ASAS

冬型の気圧配置が強まっている。

ニュースでも多く報じられているが東京には久しぶりに低温注意報が発令されている。今朝の気温はマイナス4度。ここまで強い寒気は近年では発生していなかった。

今朝はAUXNも合わせて掲載、北半球の寒気の様子と日本付近への張り出し具合がわかる。寒気の南下は強弱あるが、しばらくこの寒気は日本の北側に居座りそう。日本海側は大雪に厳重警戒。

今朝の千葉エリアは北西の風が強く入る。

千島近海にある低気圧は966hpaと勢力を維持しているがこの位置だとうねりは入りにくい。全体的に昨日よりもサイズダウンし落ち着いてまとまってきてはいるが、今日も強い北西の風により極寒となるのでフル装備が必要。

雪解けの水も川から流入しさらに水温は下がっているはず。ブーツとグローブとキャップまでしておいたほうがよさそう。

九十九里では腰腹から胸、一宮周辺も同じくらい、御宿も腰腹くらいで西寄りの波が反応しているはず。鴨川から和田や千倉までも腰腹から胸くらいで北西の風が強くはいる。

湘南も西の波が反応していて鎌倉では腰腹、藤沢エリアでは腰腹から胸くらい、平塚から大磯も腰腹くらいありサーフィン可能だがフル装備が良さそう。

先日の雪もまだ残っているところもあり、路面凍結にも十分注意。

海から上がったときに一気に冷えるので着替えの時も防寒対策はしっかりしたほうがよいです。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!