千葉県の一部が台風12号の暴風域に入る【2018.7.28 15:00更新】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


2018/7/28 15:00時点 台風12号の状況

28日16時には三宅島の南東約60km、西北西へ毎時45kmで進んでいる。

中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/sであり、千葉県の一部は暴風域に入ってきている。

このまま西よりに進む見込みで、今夜には遠州灘のどこかに上陸しそうな状況。

首都圏でも山沿いを中心に激しい雨となっており、東京でも北よりの風が強く吹き一時的に強い雨となっている。

千葉エリアは北東の非常に強い風

九十九里エリアはクローズアウト
どうにかできている御宿岩和田や飯岡で腹胸サイズあるが危険な状況になりつつある。

千葉南エリアは昼過ぎまで鴨川マルキで肩頭サイズで出来ていたが、15時前から一気にサイズアップしてクローズアウト。

その他のポイントは昼前からクローズアウト。
平砂浦は胸肩サイズだけど北東の風が強く、荒れた感じでクローズアウト。

湘南は南東から東よりのうねりなので反応しにくいうねりの入り方。

鎌倉は膝、鵠沼で腿、平塚から大磯で腿腰、吉浜で腹から胸くらいと西に行くほどサイズアップしているが、まだ反応は弱い状況。

ただこれからうねりが南から入ってくるので湘南も一気にサイズアップしてくると思われる。
夜のうちに風と雨のピークは越えそう。

明日の朝は外海は変わらず朝からクローズアウトな状況
湘南も明日の朝一どれくらいサイズが反応するのかをよく確認しておきたい。

その他エリアの波とコンディションの状況

  • 静波から御前崎もまだ反応は鈍く腰くらいのサイズ
    伊良湖方面は胸肩サイズが反応していて、ここはそこそこサーフィン可能。
  • 伊勢の国府の浜は東うねりに反応して胸くらい、
    ジャンや南張は南向きなので反応は鈍く腿腰くらい。
  • 磯ノ浦はうねりの向き合わないので膝サイズ。
  • 四国は生見で胸肩くらいありまだ風は強まってない。
  • 宮崎も胸肩サイズでコンディションよさそう。
  • 日本海側はまだサイズアップしてないけどこれからジャンクアップしてくる見込み。
  • 関東に戻って、茨城エリアも北東の風でクローズアウト
    大洗は風をかわすけどほぼクローズな感じの胸肩くらい。
  • 仙台新港は北東から東よりの風で胸肩からたまに頭サイズ。
  • 北海道の浜厚真エリアまでいくと腰腹サイズでそこそこできるコンディション。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!