毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風12号が接近、関東は昼過ぎから大雨と暴風に厳重警戒【2018.7.28】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

7/28 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

台風12号は八丈島の東にあり北へ21ktで進んでいる。

台風の北側にある雨雲が先行して関東地方に入り一部の山沿いでは大雨になっていたところもある。

この後北西に進路を変えて遠州灘から志摩半島付近を指向していく見込み。

関東地方にはこのあと昼過ぎから台風本体の雨雲に覆われて各地で大雨と暴風が懸念される。

今は落ち着いているエリアも多いが、これから急変するエリアが多くなるはずなので引き続き警戒が必要。

今回は南東の風にシフトしたあたりからの山沿いの降り方に注意
近くの川の上流で豪雨がもし続いた場合は下流でも氾濫の可能性が出てくるので川沿いの方は特に警戒が必要。

今朝の千葉エリアは強い北の風

  • 九十九里エリアから一宮周辺は引き続きクローズアウト。
  • 御宿や飯岡は腰くらいと落ち着いている状況だけど一気にサイズアップして来そうなので注意したい。
  • 千葉南はマルキで胸肩サイズでサーフィンは可能なコンディションで人も結構入っている模様。
    ただこれからコンディションが急変してくるかもしれないため十分に注意したい。
  • 平砂浦はまだサイズアップしてなく腿腰くらい。

千葉は北東部から南部まで暴風波浪警報が発令されている状況なのでこれから海に入るのは控えたほうが良いかもしれない。

  • 湘南は吉浜で腹胸サイズが反応
  • 湘南の他エリアはスモールコンディション。

東から南東のうねりなので今はこんな状況だけど、うねりが南よりにシフトし回り込みの反応が良くなりそうなので、
一気にサイズアップして来そう。

こちらも大雨と共に注意が必要。

だんだん南にうねりがシフトしてきて鎌倉・逗子・葉山から三浦エリアでも反応がでてくるかもしれない。

今後も最新の台風情報を良くみておきたい。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!