毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風12号は九州をゆっくり南下、千葉はサーフィン可能になってきた【2018.7.30】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

7/30 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

台風12号は中国地方から九州に入りゆっくり南に縦断して現在は枕崎市の西の海上にある。

偏西風は台風よりも北側を流れており、台風を動かす流れは上層にある寒冷渦のみとなっている状況。

この寒冷渦はほとんど動かないことから台風もここにきて東シナ海に停滞しそうな感じ。

まだ台風としての性質は維持しており中心付近には活発な雨雲がある。
現在は海上中心に雨雲がかかっているけど、台風の進み方次第では再度九州に大雨を降らせる可能性もあり、引き続き動向に注視したい。

今朝の千葉エリアは弱い北から北東の風。

台風が残したうねりに加えはるか東の海上にある高気圧からの東うねりが反応してきている状況。

昨日よりもだいぶ落ち着いてきておりサーフィン可能になってきた。

九十九里エリアでは胸肩から頭くらい
一宮周辺は濃霧で見えにくいけど肩頭くらいでまだハード気味だけどできるようにはなってきた。
御宿から部原は腹胸くらい。

千葉南エリアは無風から北西の風で胸肩から頭サイズで今朝はグッドコンディション!

平日で人も少なく今日は休みを取るべきだったか。

湘南は鎌倉エリアで腰腹くらい、鵠沼では腹胸くらいでかなり混雑している。
吉浜も腹胸サイズで今朝はいい感じのコンディション。

今日いっぱいはこのサイズキープしそうな感じなので、今から出発しても楽しめるかも。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!