10/4 気圧配置と波情報~台風25号のうねりが湘南でも反応してきた、次第に南西うねりとなり明日と明後日の朝一が狙い目

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


10/4 3:00 ASAS 地上天気図

東シナ海を台風25号は北上中。日本付近は北日本を中心に移動性の高気圧に覆われており、東海上の高気圧との間に秋雨前線を形成し日本の南で停滞中。

アリューシャン付近の低気圧は猛発達し958hpaまで気圧は低下。ノースショアの波情報が気になる季節になってきた。

台風25号は日本海を東北東へ

大型で強い台風となった25号は、午前3時時点で955hpaで中心付近では80KTの風が吹いている。ちょうどアリューシャン付近にある低気圧と同じくらいの中心気圧となり、日本のまわりには大きな気圧の谷が二つあることになる。

既に北緯20度を越えており西日本から東海地方の南向きポイントでは台風からのうねりが反応。和歌山の磯ノ浦では朝から肩頭サイズで北からのオフショアでコンディション良さそう。宮崎や四国にも頭サイズの波がヒットしている。

南のうねりをダイレクトに受ける伊良湖から御前崎では、朝からほぼクローズアウトな状況。南向きビーチではうねりと波数が多くてしばらく無理そう。静波エリアはうねりをかわして肩頭でまだできる。

湘南にも朝一からうねりの反応が見られるようになってきた。

気象庁台風情報 http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報 http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

今朝の千葉エリアは北からの弱い風

千葉エリアはまだ台風25号からのうねりの反応は平砂浦で少し反応している程度で、顕著な反応はない状況。九十九里エリアから一宮周辺まで腰腹から胸くらいの東からのうねり。これから北東の風が強めに入りそうなので一宮周辺は早めが良さそう。

千葉南エリアも腰腹から胸くらい。北東の風が吹いてきそうなので、マルキあたりが無難になりそうか。平砂浦では腰腹くらいまでアップしてきたので、夕方にかけて北東の風をかわして良くなるかもしれない。

湘南にもうねりの反応が出てきた。鎌倉から藤沢エリアで腿腰からたまに腹くらい。

まだうねりの反応弱いけど、これから午後にはもうすこし反応が良くなりそう。

夕方狙いでもいいかもしれない。

明日は更にサイズアップ!

明日には台風25号は東シナ海で北緯30度を越えてくる見込み

うねりの向きが南から南西にシフトしてきそう。湘南も鎌倉エリアで朝一から肩頭サイズありそうか。千葉エリアは南西のうねりは比較的入りにくいけど、外海にもうねりが回り込んでもう少し反応してきそう。

南西うねりのときは湘南エリアのサイズアップを目安にすると、千葉の普段できない内房のサイズの目安になってくる。

土曜日も同じくらいのサイズをキープしそうで十分にサーフィン可能な連休スタートとなりそう。うねりのピークはおそらく明日になりそうなので、土曜日の朝一から南西うねりに反応するポイントに向かうのが良さそう。

朝一はおそらく風の影響が少ないエリアが多いはず。午後には南の風が強まってきそうなので朝一狙いが良さそう。

日曜日は日本海を通過する台風にむけて南の風が強まりそう。

明日21時の予想天気図

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!