8/19 3:00 ASAS 気圧配置と波情報~台風19号からのうねりでサイズアップ!台風20号の動きには要注意

  • 2018年8月19日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


8/19 3:00 ASAS 気圧配置と波情報~

台風19号は昨日とほぼ同じ位置に停滞気味。北緯25度東経140度付近にあり、西北西にゆっくり移動。同心円状に等圧線を描いており衛星画像ではまさに台風という姿で眼もはっきりとしている。今夜9時にはやや西に進むくらいで同じような位置にあり、太平洋側にグランドスウェルを送り続ける。

台風20号が昨日発生

気になるのがその後ろから後を追うようなコースとなりそうな台風20号。昨日予想どおりに発生し、北西へ進み本州めがけて木曜日あたりに接近してきそうな状況。

というのも、週間予報支援図を見てみると日本付近で19号と20号が接近し、藤原の効果により複雑な動きをする可能性がある。台風19号のコースも心配なところだけど、その後の20号の動きにも注意しておきたい。

今朝の千葉エリアは北よりの風。

千葉エリアは朝一から台風19号からのうねりに反応してきており、九十九里エリアでは胸肩サイズからのスタート。この時間は北東よりの風が入ってきたけど、片貝から飯岡まではポイント選べば十分楽しめるコンディション。一宮周辺ではサイドオンの風となり朝一よりも影響がでてきてサイズも頭くらいとサイズアップしており、これからの時間はハードになるため無理のないようにしたい。

千葉南もサイズアップしてのスタート。マルキでは風の影響が軽減されて胸肩から頭サイズでコンディション良さそう。その他ポイントはこの時間は東の風が入り面に影響でてきてハードになってきそう。平砂浦は腹胸サイズでオフショアで楽しめそう。

湘南は夜明け前はうねりの反応は微妙だったけど、午前5時くらいから藤沢エリアでは腰腹サイズの筋張ったうねりが反応しはじめてきた。ただかなりワイドなうねりで、乗れる波は少なめ。南東うねりなので西湘方面の方がサイズあり腹胸くらい。この時間は潮が上げてややサイズ下げているけど、これから更にうねりの反応が良くなりそう。南東うねりなので鎌倉エリアは反応が鈍め。

御前崎から伊良湖までもオーバーヘッドでクローズなポイント出てきている。四国から宮崎もハードな状況、和歌山磯の浦は南東から南のうねりに回り込んで腰腹サイズで遊べそう。

今はまだクローズになってないポイントもこれから急激にサイズアップしてくる可能性ありなので、自身の技量と相談してうまくポイント選んで楽しみたい。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!