8/15 3:00 ASAS 気圧配置と波情報〜台風15号が九州に上陸、南から南西の風と潮のタイミングでポイント選び

  • 2018年8月15日
  • 2018年9月17日
  • 2018-02
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


8/15 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

台風15号は勢力を落としながらも台風としての性質を維持して九州の大分県付近へ上陸し北西へ進んでいる。九州北部は大雨に警戒。

台風16号と17号も天気図上にて解析されており、沖縄本島付近には新たな熱帯低気圧が解析された。もう一つマリアナ諸島付近の低圧部はまだ停滞している。太平洋高気圧が西に張り出してきている状態で、北海道にかかる前線に向けて南からの暖湿流が流入する気圧配置が続いている。

今朝の千葉エリアは南から南西の風

朝早くから南の風が入りだし風が合わないポイントでは波質はダウン傾向で、九十九里エリアでは腰腹サイズ。風の合う一宮周辺では腰腹サイズで面は整っていて今朝もそこそこ楽しめる波。

千葉南エリアも南の風が強く入り、風をかわす千歳と千倉が良さそうだけど、かなりの混雑っぷり。

湘南は鵠沼から大磯まで腰腹サイズで今朝も遊べるコンディション。南の風で面はよくはないけど選べば少し走れる波。引きいっぱいよりも少し潮が乗っている時間帯のほうが良さそうか。ただ吉浜などは潮が上げていると割れなくなるので、潮のタイミングとポイント選びをマッチしたい。

お盆休みで波も楽しめるだけはあるので、海水浴客とサーファーでビーチは大賑わい。海水浴場規制のエリアでのサーフィンは危険なので必ずエリアは守るようにしたい。水の事故も増えているようなので、海水浴客含めて注意して油断しないで楽しみたい。

#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!