10/22 気圧配置と波情報~はるか南海上に台風26号が発生、今日も東うねりと北風で千葉エリアは楽しめる波

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


10/22 3:00 地上天気図と波の概況

昨日はるか南の海上にある低気圧について記載しましたが、早くも午前3時に台風26号に昇格しました。しばらく南の海上を西へ進む見込み。この時期になると偏西風が南下してきて台風の北上をブロックするような構図になってくるので、日本への影響はなさそうな感じ。ただうねりの反応が出てくるかどうかは今週の動向をチェックしておきたいと思います。

今朝の天気図は昨日からの流れが継続していて、日本付近は広く高気圧に覆われています。前線と低気圧は東の海上に遠ざかり、うねりの源はこの低気圧と更に東海上にある高気圧からの吹き出しによる東うねりがメイン。今日も北東の風が入りやすい気圧配置となりそうです。

今朝の千葉エリアは北の風

今日も朝一は西成分の入った北の風が吹いておりまだ強くは吹いてない状況。西の風が混じると各ポイントともにオフショアベースとなりので朝一は面が整いやすい時間帯となります。ただ今日も次第に北東の風が入りやすい気圧配置なので、早い時間帯に入っておいた方が良さそうな感じでしょうか。

九十九里エリアでは片貝周辺で腹胸から肩くらいあり今朝もコンディション的には良さそうです。一宮周辺は肩頭サイズあり風の影響はないですが昨日までの風の影響で面はヨレヨレでコンディション的にはイマイチな感じ。

勝浦エリアも御宿の浜側から部原にかけては今朝もコンディション良さそうな感じ。

千葉南エリアも北からの風で鴨川から和田周辺までは面は整いやすい風。サイズも東うねりに十分反応していて胸肩サイズでコンディション良くサーフィン出来そう。

こちらも北東の風が入る前に1R入っておいた方が良さそうです。

湘南はスモールコンディションが続く

今朝もうねりの反応は弱い状況が継続しています。東うねりなので鎌倉エリアは先週から波のない状況、鵠沼でもロングでやっとな感じのコンディション。吉浜まで行けば腿腰くらいの反応がやっと出てくる状況です。

今週の後半には湘南でもサイズ反応ありそう?

明日夜9時の予想天気図

高気圧の中心が東へシフトしていきます。

高気圧からの吹き出しによる東うねりがしっかりと続きそうです。

週間予想天気図 FXFE19

今週の後半は日本海を低気圧が東進する予報になってます。この低気圧に吹き込む南の風が強く吹くので南の風波により湘南でもサイズアップしてきそうです。

また台風26号からの南うねりが少し反応してくるかもしれません。

今週は後半の日本海低気圧と台風26号に注目です。

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!