9/20 気圧配置と波情報~太平洋側はサイズダウンして物足りないコンディション、台風24号候補のうねりは3連休は期待できなそう

9/20 3:00 地上解析図 / 48時間天気図

東日本は高気圧に覆われているが西から前線が東進してきており天気は下り坂。

太平洋側は台風22号が残したうねりは昨日までで、今朝は全国的に物足りないサイズとコンディションに。

主な波源ははるか東海上にある高気圧からの吹き出しがメイン、これに東日本を覆う高気圧による北東ベースの風波くらい。

太平洋側はポイント選んでも膝腿から腰くらいのサイズ感。

台風24号になりそうな熱帯擾乱

天気図にはしっかり低気圧として解析されているけどまだ発達はこれからな感じ。

北緯10度から20度のエリアを西へ進んでおり、連休明けに北緯20度を越えてくるかどうかといったところ。

3連休はこの台風24号候補からのうねりは期待できなそう。

次の3連休の気圧配置

FEFE19を記載してみた。22日土曜21時から来週木曜までの地上の予想気圧配置。

土曜日は高気圧が南の海上に張り出し、北日本にある低気圧にむけて南西の風が強めに吹きそうな気圧配置。オンショアながらサイズあがるところもありそうか

日曜日は風はおさまり前日サイズアップしたポイントの朝一狙いが良さそうかも。

今朝の千葉エリアは弱い北寄りの風

九十九里エリアから一宮周辺までは腿腰から腹くらいのサイズ感でサーフィンは可能。

コンディション的にはイマイチだけど、ポイント選んでセットでなんとか楽しめそうな感じか。

千葉南エリアも腿腰から腹くらい。パッとしないコンディションだけどこちらもセットでなんとか。平砂浦はほぼフラットに。

湘南は今朝はさすがにスモールコンディション。膝腿サイズで潮が引いている今のうちに入っておいた方が良さそうか。