9/25 気圧配置と波情報~、台風24号のうねりが西日本にうっすら反応?週末に向けて体調整えておきたい

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


9/25 3:00 地上解析図 / 24時間天気図

秋雨前線は南の海上に停滞しており北から高気圧が張り出してきている。

樺太付近にも低気圧があり、ここから伸びる寒冷前線が北日本を通過している、

台風24号は勢力を強めながら、昨日と同じような位置にあり、これから秋雨前線を刺激してくる見込み。

台風24号は猛烈な台風に昇格

昨日と同じような位置にてゆっくりと西へ進んでいる。915hpaまで気圧を下げており中心付近の最大風速は105KTの猛烈な台風となった。西北西に7KTと非常にゆっくりと進んでいて水曜いっぱいは同じような位置にある見込み。

週の後半にかけては昨日よりも北進させるような予報になってきており転向して日本に接近する傾向になってきている。ただまだ予報円はかなり大きくブレが大きい。進路をきめるのは上空の太平洋高気圧の勢力次第。500hpaの5880m等高度線に注目したい。

今朝の千葉エリアは北寄りの弱い風

南東からの弱いうねりに反応している状況で、九十九里エリアでは腿腰から腹くらい。まだ風の影響ないのでサイズあるとこで少しできる。一宮周辺も腰腹くらいでまだオフショア吹いているので今のうちに入っておきたいところ。

千葉南エリアは潮が多くてまだ割れにくいポイントが多いが引いてきたので腰腹サイズでこれから遊べるよ雨になってくるはず。

北東の風が入る前に入っておきたい。

湘南は膝腿のスモールコンディション。午前中の潮が引くタイミングで少しできるかも。

西日本には台風24号のうねり

既に四国や和歌山あたりまでうっすら南のうねりが届いているような感じか。西日本の南向きポイントでややサイズが上がってきているので、明日にはもう少ししっかりと反応してくるはず。

途中に前線があり、この前線に向けて北東の風が強まるので、うねりが抑えられがちとなりそうだけど、猛烈な勢力の台風からのうねりは結構しっかりと入ってくるので、明日にかけての西日本エリアのサイズ動向に注目したい。

明日21時の予想天気図

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

最新情報をチェックしよう!