9/28 気圧配置と波情報~台風24号の南西うねりで湘南も頭サイズまでアップ、この週末は土曜から日曜朝一まで楽しめる!

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


9/28 3:00 地上解析図 / 24時間天気図

秋雨前線上の低気圧は発達しながら北東へ進んでいる。昨日のFSAS24では南の海上の前線が途切れる予報であったが、今朝は低気圧から秋雨前線が台風24号付近までのびている。

台風24号からのうねりは西日本では既に昨日から頭オーバーが続いており今朝も同サイズをキープしている状況。伊良湖から御前崎は昨日からサイズアップして今朝はクローズなポイントが増えてきた。湘南も昨日の夕方から南西うねりがしっかり反応してきてサイズアップしている。

台風24号と前線による大雨+暴風に警戒

台風24号は依然としてゆっくり北上を続けており宮古島の南東海上を北西に進んでいる。今日いっぱいはまだゆっくりと北西に進む見込み、土曜日にかけて次第に転向する体勢にはいり、日曜日には北東へシフトして偏西風にのり速度を急速に早めながら月曜にかけて一気に日本列島を駆け抜ける見込み。

台風襲来前から前線の活動が活発になり西日本では大雨が続きそうな地域がありそう。これに加え台風の東側の地域は暴風が吹き荒れる可能性がある。前回台風21号で近畿地方で吹き荒れた暴風くらいの現象が発生する可能性あり、日曜から月曜にかけては外出を控えるなどした方が良いかもしれない。外を歩いていたらいろんなモノが飛んできて危険な状況になるかもしれない。

気象庁台風情報

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報

TC Warning Graphicにて予報進路見れる

http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

今朝の千葉エリアは北の風

東海上にある前線上の低気圧からの東ベースのうねりにしっかり反応し、今朝もサイズは十分。九十九里エリアでは昨日よりまとまつてきて肩頭サイズで十分できるポイント増えてきた。一宮周辺も頭オーバーのサイズでややハードながら風の影響はそんなになさそうなので今日は中上級者向けだけど十分楽しめそう。千葉南はワンサイズ小さく胸肩くらいで風の影響なく今朝は十分楽しめそう。平砂浦には台風24号のうねりが反応していて胸くらいのサイズあり。

湘南は昨日遅くなって台風24号のうねりの反応が良くなり今朝は鵠沼から西湘で胸肩から頭サイズ、鎌倉でも胸肩サイズまで反応し十分楽しめるコンディション。

明日も各エリアサイズは十分

台風24号の南西うねりの反応が更によくなり明日はどこいってもサイズは十分。千葉エリアは東ベースのうねりは少し弱まりそうだけど南西うねりが回り込んで反応してきて、サイズは十分。

北から北東ベースの風になりそうなので、オフショアとなるポイント選べば明日も十分に楽しめるコンディションに。

台風の南西うねりに反応して北東の風をかわすポイントは、普段のメジャーポイント以外にもあり、台風のときにしか出来ないポイントでも楽しめる可能性がある。

ただサイズがでてカレントが強くなりそうなのと、普段入らないポイントはリーフで怪我することも多いので十分注意して楽しみたい。

明日の21時の予想天気図 FSAS48

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!