9/26 気圧配置と波情報~、台風24号は北上し本州接近の予報に、西日本はこれから更にサイズアップしてきそう

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

9/26 3:00 地上解析図 / 48時間天気図

秋雨前線が南岸沿いに停滞しており、北にある高気圧から前線にむけて北東の風が強く入り込む。

台風24号が沖縄の南海上を北へゆっくりと進んでおり、父島付近にも別の熱帯低気圧が発生している。

台風24号は本州へ接近予報に

台風24号は猛烈な勢力から非常に強い勢力になりながらもゆっくりと北上を続けている。

当初は西へ進み大陸方面への予想だったが、上空の太平洋高気圧の張り出しが東へ後退する傾向となり、台風24号は先島諸島付近で転向し北東へ進む予報となってきた。

来週月曜の1日には鹿児島付近を指向しており、偏西風にのりかなり早いスピードで駆け抜けていくものと思われる。まだ本州のどのあたりを通るコースなのかはわからないが、何れにせよ本州接近時にはスピードかなりあげてくるはずで、台風から遠いと思ってもすぐに接近してくるので早めの警戒準備が必要に。

気象庁台風情報

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報

TC Warning Graphicにて予報進路見れる

http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

今朝の千葉エリアは強い北から北東の風

前線へ吹き込む北寄りの風が強めに吹いており、風の合わないポイントは風波サイズアップするもジャンク気味、風をかわすポイントはスモールコンディションという、北東風の悩ましい気圧配置。九十九里エリアでは腰腹サイズのサイドオン、一宮周辺は腹胸サイズあるがジャンク気味になってきた。

風をかわす飯岡や御宿はオフショアで波は抑えられて膝くらいのスモールコンディション

千葉南エリアは和田エリアで腰腹くらいのサイドの風が強め。鴨川マルキ頼みなところだけど朝一は潮が多くて割れにくい。これから引いてきたらマルキが無難なところになりそう。

湘南はまだ台風からのうねりの反応はなく、沖合の北風により波は抑えられて今朝もスモールコンディションが続く。

西日本のサイズアップはこれから

昨日から今朝にかけて西日本の南向きポイントには腰腹から胸くらいの周期の長いうねりの反応があったが、顕著なうねりの反応はこれからになる模様。

伊良湖から御前崎にかけても胸くらいの反応がでている。

急なサイズアップと強いカレントなど発生することもあるので、これから週明けの台風通過までは十分注意して技量と相談して安全に楽しみたいところ。刻々と変化する気象状況をチェックしておきたい。

明日21時の予想天気図

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!