9/27 気圧配置と波情報~台風24号の南西うねりで太平洋側はサイズアップ、午後から更にうねりの反応が良くなりそう

9/27 3:00 地上解析図 / 24時間天気図

秋雨前線が今朝も南の海上に停滞。北側には高気圧があり前線に向けて北東の風を送り込む構図が続く。

沖縄の南には台風24号がゆっくり北上中。

千葉以北の太平洋側は北偏する高気圧から前線へ吹き込む北寄りの風による北東ベースのうねり、これにはるか東の海上にある高気圧からの吹き出しによる東から南東うねりが加わり今朝はサイズアップしたスタート。

湘南以西の太平洋側では台風24号からの南西うねりが反応しており、太平洋側は波が高い状態。

昨日の午後から西日本には肩頭サイズのうねりが反応してきており、今朝も御前崎以西では頭サイズまでアップしてきている。

台風24号は列島縦断コースへ

午前3時時点では、大型で非常に強い勢力というカテゴリをキープし北へゆっくりと北上している。沖縄では厳重警戒が必要。

東シナ海にでるまではゆっくり北上ベース、東シナ海に抜けた頃から偏西風が台風をキャッチしてきて北東にむけてスピードを一気にあげてくるはず。

日曜夜から月曜いっぱいかけて列島を縦断するコースになってきた。非常に強い勢力のまま西日本には接近する可能性あり、かつ台風のスピードも加わることで、今回は特に台風の東側の危険半円に入りそうな地域では厳重警戒が必要。台風接近前から前線による大雨となる地域もあるので警戒必要

今朝の千葉エリアは北の風が強く吹く

千葉エリアには前述した北東から南東のうねりが反応し、昨日の朝よりもサイズアップ。

九十九里エリアでは北から北東の風が強く肩頭サイズでハード気味。風をかわす片貝ではそこそこコンディション良さそう。一宮周辺もオンショアでジャンク。飯岡周辺は風をかわし腰腹サイズで遊べるサイズ、御宿から部原も腹胸サイズまでアップしてきて今朝はコンディション良さそう。

千葉南エリアも胸肩から頭サイズあり、北の風が強くてハード気味なポイント多い。今朝もマルキなど強い風をかわせるポイントが無難になりそう。

これから勝浦周辺のポイントが気になってきて人が集まってきそうか。

湘南はまだ台風24号からのうねりの反応はうっすらな感じ。鎌倉から藤沢エリアでは腰から腹くらい。今晩にかけては南西うねりが入りやすい気圧配置になってきそうなので、夕方あたりから一気にサイズアップしてくるかも。

気象庁台風情報

地図コンテンツページです。気象警報、大雨危険度、台風情報、気象情報、天気予報、季節予報、ひまわり、アメダス、ウィンドプロ…

米軍台風情報

TC Warning Graphicにて予報進路見れる

明日は南西うねりが期待出来そう

今夜21時の予想天気図。

前線上に低気圧が発生し東の海上へ北東進していく見込み。台風24号からの南西うねりが入りやすい気圧配置となってきそう。

西日本の南向きポイントでは更にサイズアップしてクローズになってきそう。伊良湖から御前崎までも頭オーバーのハードなコンディションに。湘南も午後から徐々に反応が良くなって来そうな感じか。

明日は鎌倉エリア中心にサイズアップしコンディション良くなりそう。

また南西うねりで平砂浦から内房にかけてもうねりの反応がありそう。

明日は朝一から海に入れるようスタンバイしたいところだが、、、。

週末に通うポイント

大阪市内から週末に通える海前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉、茨城、湘南の各エリアの概要について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

アイキャッチ画像

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!