【2019.7.4】梅雨前線上の低気圧にむけて強い南西の風

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 九州は一旦晴れ間も警戒継続

午前3時の実況天気図 ASAS

梅雨前線が活発な状態が続いています。

気圧配置の役者はここ数日変わってなく、東には太平洋高気圧、北にはオホーツク海高気圧、また黄海付近にも高気圧がほぼ停滞している状況で、これら3つの高気圧に挟まれる日本列島には梅雨前線が停滞という構図。

更にベトナム方面へ向かった台風4号からも九州方面へ暖湿流が流入したため、大雨に拍車のかかった状態が続きました。

今朝は近畿地方付近の前線上に小さな低気圧が解析されており、梅雨前線の南側では太平洋高気圧から吹き込む南西の風が強くなってきています。

今日の雨の主体は東海地方から関東甲信地方にシフトしてきており、非常に激しい雨がところにより降りそう。

九州南部は今日は一旦晴れ間が戻ってきてますが、今までの雨でいつ土砂災害が発生するかわからない状況。
雨が止んだからといって、山の斜面に近づくなどの行為は非常に危険となります。

既にいくつかの場所で崖崩れや道路の崩落などが発生している模様、引き続き十分ご注意ください。

南西の風が太平洋側にはやや強めに吹いており、前線の南側では南西うねりが発達してきています。

西日本の太平洋側では南西うねりによりすこしサイズアップしてきている感じで、磯ノ浦でも腿腰から腹くらいまでの反応がでてきているようです。

伊良湖から御前崎までも腰腹から胸くらいの反応がでてきており、湘南も腿腰くらいのサイズまでアップしてきています。

ただ沿岸部でも南西の風が強く吹きそうなので、次第にオンショアによるジャンク気味なコンディションになってきそうです。

今日のツイッター波情報

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 九州は土砂災害に厳重警戒午前3時の実況天気図 ASAS梅雨前線が今日も本州付近に停滞します。太平洋高気圧とオホーツク海高気圧が同じような位置に停滞し、また黄海にも高気圧があってこちらも同じような[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは南西の風。

既に沿岸部でも南から南西の風が強めに吹いており、面にも影響が出始めています。

まだこの南西の風によってのサイズの変化は出てきていないようで、朝一は昨日と同じような膝腿から腰くらいの物足りないサイズ感が続いている状況。

風の合う一宮周辺や千歳千倉エリアは膝腿サイズでスモールコンディション。
南に開いたポイントでもまだサイズに変化はないようで、風に面を乱されたコンディションとなっているようです。

湘南も沿岸部は強めの風が吹いています。

鎌倉から鵠沼付近では膝腿くらいありそうですが、すでにかなり強いオンショアで乗れる波は少ない状況。
潮が引いてきているのでこれからもう少し割れるようになってきそうですが、午後にはジャンクな感じになってきそう。

千葉と湘南の今日はコンディション的には期待薄な日になりそう

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/04
日の出:04:29 / 日の入:19:00
中潮
満潮:04時29分(152cm) / 18時41分(144cm)
干潮:11時37分(-11cm) / 23時51分(87cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/04
日の出:04:31 / 日の入:19:01
中潮
満潮:04時41分(159cm) / 19時05分(155cm)
干潮:12時00分(-7cm) / 時分(0cm)

今日の注意事項は、、、

今日は雨の主体が関東地方にやってきます。
これから一部地域では激しい雨になるところが出てきそうなので、海へ向かう道や帰り道など特に山間部を走る国道などは要注意です。

沿岸部では落雷や突風にも注意が必要。
静岡県の一部で竜巻注意の情報がでた地域があります、、

また南西の強い風により午後にかけて荒れながらのサイズアップしてきます。
海の中は流れも入ってきそうなので、ビギナーの方の練習としては今日はおススメできないコンディションです。

今後の気圧配置と波: 今日の波がどこまで残るか

午後9時の予想天気図 FSAS24

引き続き同じような気圧配置が続きます。

三陸沖の前線上には低気圧があり、梅雨前線は西日本で陸地から離れた位置にシフトしていきそうです。

九州から前線は少し離れる傾向となり今日は一旦は雨が止んだ状態となりますが、引き続き斜面に近いところや山間部は危険な場所が多く残ります。

千葉と湘南の南西の風は夜まで吹き続き、午後からは荒れながらもサイズアップしてきそうです。

千葉なら一宮周辺か千倉と千歳、茨城な鹿嶋から波崎と河原子、湘南なら大磯などが風をかわすポイントとなりますが、コンディション的には期待できないでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日も同じような気圧配置ですが、東海上の太平洋高気圧がやや後退して、西日本の前線も南にある状態が続きそうです。

関東地方も前線の北に位置するようになり、今のところ明日は北東ベースの風。

今日のうちにどれだけサイズアップするのかと、何時ころに北東の風にシフトするのかで明日のコンディションが変わってきそう。

明日海に行く予定の方は、今日の夕方のサイズ状況と風の予報の変化をチェックしておきましょう。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/07/04)

7/4 3:00 ASAS台風3号は東シナ海にありもうまもなく長崎県に上陸する見込み。985hpaで解析されておりやや発達してきて中心付近には不明瞭ながらも目が形成されてきている。台風3号は東へ転向し九州を横断、愛媛県付近に再上陸。台風[…]

IMG
OnThisDay(2018/07/04)

7/4 3:00 ASAS 台風7号は対馬海峡付近を通過して日本海を北東へ進む見込み。夜には温帯低気圧に変わる見込みで北海道にかかる前線とマージされていく。太平洋高気圧はやや後退しているが日本海の台風7号にむけて今日も南西の風が強く[…]

IMG

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

最新情報をチェックしよう!