GW連休初日は北東の風がやや強めの肌寒いスタート、南向きのポイントが良さそう【2019.4.27】

毎日の天気図と波情報

4/27(土) 3:00 ASAS 今日の波と天気概況

日本は今日からGWがはじまり、多くの方が5月7日までの10連休となります。

今年は平成から令和に変わる歴史的なゴールデンウィークとなり、例年とはすこし異なる連休となりそうです。

GWがはじまる頃になると水温もだいぶ高くなり、個人差にもよりますが千葉北でもブーツは不要になってくる時期となります。

ですが水温は気温に比べて温かくなるのが遅いためフルスーツはまだ必要です。

今日は肌寒いですが、、、例年ですと、

外の気温は半袖でもよい季節となり、山から海へ戻ってくる方やこれからサーフィン始める方など海は混雑してきます。

特に今年は10連休ということや来年にはオリンピックでサーフィンが開催されることで、例年より多くの方が海に来られるのではないかと思います。

このGWからサーフィン!

このGWからサーフィンはじめるという方はぜひ近くのサーフショップなどでスクールに入るなどしてからサーフィン始めた方がよいと思います。

サーフィンには明確なルールと暗黙なルールがあり海にはいるときにはまずは明確なルールをちゃんと知っておく必要があります。

また海はその日その時間によって刻々とコンディションが変わるため、時には危険な状況になる場合も多いです。

スクールでは海でのルールとマナー、その日のコンディションにおける安全と注意事項なども教えてくれるので、まずはスクールでいろいろ教えてもらってから始めた方が結果的に上達も早くなると思います。

ぜひご検討ください。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

日の出:04:53 / 日の入:18:23

小潮

満潮:08時08分(108cm) / 時分(0cm)

干潮:03時28分(93cm) / 16時20分(42cm)

千葉・湘南 今朝の風と波

今朝の千葉エリアは北東の風がやや強く吹いており、朝一はかなり寒く感じられます。

九十九里エリアでは腰腹くらいのサイズ感、一宮周辺では腹胸くらいのサイズ感ですが、北東の風により面に影響が大きくでています。

一宮周辺はオンショアによりジャンク気味、片貝周辺は比較的まとまっていてサーフィン可能。御宿や飯岡は面はきれいですが、膝腿のスモールコンディション。初心者の方はこのエリアが良さそうです。

千葉南エリアでは腰腹サイズで北風がやや強め。鴨川マルキは風をかわして遊べるコンディション。和田エリアもそこそこ出来そうです。

湘南は南東うねりがわずかに残り吉浜では腿腰くらいありそうですが、その他ポイントは膝セット腿くらいのロング向のコンディションです。

今日の注意事項は、

北東の風が強く寒いです。フルスーツが必要。北東の風がサイドになるポイントでは流れが強くなりあっというまに流されます。ビーチの目印を海の中からも良く見ておくようにしましょう。

関連記事

サーフィン中に怪我をするケースとはサーフィンを長いことやっていると1度や2度ではおさまらないくらい怪我をすることはよくあることです。サーフィン中に怪我をしてしまうケースはいろんなパターンがありますが、大きく分けて、人が相[…]

夕方にかけても北よりの風が続き、北東うねりの反応が良くなりそう

午後9時の予想天気図

東海上には低気圧があり西日本から高気圧に覆われます。コンパクトな西高東低の気圧配置が続き北よりの風が終日やや強めに吹きそうです。

この低気圧の等圧線の形であれば、低気圧からの南うねりは届かず、北東からのうねりの反応が出てきそうです。

引き続き片貝や鴨川から和田エリアが比較的良さそうです。御宿や飯岡ももうすこしサイズ出てくるかもしれません。

湘南はロング向きのコンディション続きそうですが、吉浜までいけば腰腹くらいまで反応が出てくるかもしれません。

茨城は鹿嶋から波崎はオンショアでジャンク気味に、大洗から大貫エリアが比較的出来そうな感じでしょうか。

明日午後9時の予想天気図

低気圧は北東へ発達しながら進み、日本付近は高気圧に覆われてきます。

千葉エリアでは北東からのうねりの反応が続きそうです。