【2019.7.21】台風5号の南うねりが残り千葉と湘南は今日も十分楽しめる波が続く!

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : この週末は台風5号のうねりで十分に楽しめた

午前3時の実況天気図 ASAS

台風5号は朝鮮半島を横断しておりまもなく日本海に抜けていく見込みです。

台風としての構造はギリギリ維持してますが、日本海に抜けたあとは温帯低気圧となって沿海州方向へ向かう予想となっています。

九州南部には台風の外周をとりまく発達した雨雲が線状降水帯としてかかっており、朝から激しい雨が降っている地域があります。

今日は引き続き九州は大雨に対して警戒が必要となりますので、当該地域の方は自治体から出される避難情報などをよく確認して早めの行動が必要になるかもしれません。


台風5号からのうねりは落ち着き傾向ながらも続いており、四国の内妻や和歌山の磯ノ浦でもまだ腹胸くらいのサイズがのこり遊べそうなコンディション。

伊良湖から御前崎までの東海エリアにも胸肩から頭サイズが反応して御前崎は今日もなかなかのいい波が入っているようです。

湘南も今朝は波は残って朝一から十分楽しめる波、千葉の平砂浦にも胸肩から頭サイズの波が残っていて、この週末は台風5号からのうねりでだいぶ楽しめる週末になったかと思います。

今日のツイッター波情報

湘南には良い波がまだまだ入ってきてますがサイズはダウン傾向

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは北東から南東の風。
朝から強くは吹いてなく、面にはさほど影響してないようです。

千葉北エリアは台風5号からの南西から南うねりではなく東よりのうねりが中心。サイズ的には腰腹くらいで風はさほど影響なく遊べるコンディションではあります。

千葉南エリアには台風5号からの南西うねりに反応していて、鴨川から平砂浦までアベレージ胸肩くらいのサイズ感で今日も十分に楽しめるコンディションです。
南西うねりをダイレクトにうける平砂浦のほうがサイズはあって、頭くらいのセットがまだ入ってきているようです。

湘南も今朝は朝一から台風からのうねりが残っていい感じからのスタート。
風の影響も少なくて腹胸から肩くらいのサイズがのこり、十分に楽しめるコンディション。
twitterからの情報でも朝一からいい感じのブレイクの動画をたくさんシェアしてもらいました。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 :千葉北も東うねりでいい波!午前3時の実況天気図 ASAS大型の台風5号は昼の12時時点では中心気圧を985hPaで黄海を北東へ進み朝鮮半島に上陸しようとしているところです。日本の東海上には低気圧が[…]

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/21
日の出:04:39 / 日の入:18:53
中潮
満潮:06時14分(137cm) / 19時50分(134cm)
干潮:00時46分(77cm) / 13時01分(26cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/21
日の出:04:42 / 日の入:18:55
中潮
満潮:06時26分(138cm) / 20時08分(142cm)
干潮:01時13分(82cm) / 13時21分(28cm)

今日の注意事項は、、、

今日も引き続き台風5号からのうねりでサイズは十分なコンディション。

ビギナーの方は逆にサイズがありすぎるコンディションとなるため、うねりが入りにくくてサイズが小さなポイントで入ることをお勧めします。

鵠沼では海水浴規制が入っていることもあり、かなり混雑している模様。

サイズがある波ではアウトから割れる波に中級者以上の方がバンバンインサイドまで乗り継いでくるので、インサイドにいたとしても十分に注意が必要です。

また、サーフィンのルールや海に関することがよくわからないまま大人数で入ってしまっている方も多くなるのがこの時期です。

サーフィンはじめたばかりのときは、サーフショップなどで開催されているスクールに入って一度はサーフィンと海のことを学んでからのほうが自分の身を守るためにも必要だとおもいます。

ただ、全てのビギナーがそのようなことを知らないまま海に入ってくるのもこの時期としては事実で、これはもうある意味どうしようもないこと。

なので、ある程度経験のあるほうもこれら状況を理解した上でサーフィンすることがこの時期は特に必要になってくると思います。

今後の気圧配置と波: 関東の梅雨明けはあと少し

午後9時の予想天気図 FSAS24

台風5号は日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。
東の海上には低気圧があり、南の海上の太平洋高気圧が西へ張り出しを強めてきそうな気圧配置。

湘南と千葉南エリアに反応している南西から南うねりは落ち着きつつも今日いっぱいは続いて夕方にかけても湘南と千葉南エリアは遊べる波があるでしょう。

千葉北エリアも東海上の高気圧と低気圧からの東ベースのうねりに弱く反応する状況が続きそうです。

風の影響はそれほどなさそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

南の海上には太平洋高気圧が貼り出してきて勢力をつよめてきそうです。

明日の月曜は南の高気圧からの暖湿流が入り、関東地方も大気の状態が不安定になって局地的に非常い激しい雨が降るところがありそうです。

台風5号が残した南から南西のうねりはダウン傾向となりますが、湘南は明日の朝一までは残るポイントもあるかもしれません。

昨日と今日のようなサイズ感ではないですが、多少は遊べるくらいにはなるかもしれないので、朝一だけ楽しめるかもしれません。

千葉エリアは東海上の高気圧や低気圧からの東うねりがメインとなり反応は続きそう。明日も東向きのポイントを中心に遊べるだけのサイズはあるとおもいます。

風は南海上の太平洋高気圧からの南よりの風がベースとなりそうなので、一宮周辺や千倉千歳エリアが風も合いコンスタントに波もブレイクしてその他ポイントよりも楽しめそうな波になりそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/07/21)

7/21 3:00 ASAS日本のはるか東の海上にある太平洋高気圧の南側には2つの熱帯低気圧があり、東経160度線付近にある熱帯低気圧はまもなく台風5号に昇格する見込み。一方、四国沖の低気圧はいぜんとして同じような位置にあり、これから熱[…]

IMG
OnThisDay(2018/07/21)

7/21 3:00 ASAS 台風10号はやや発達しながら沖縄付近を北西に向かっている。相変わらず太平洋高気圧の勢力は強く、台風はまっすぐに北上はできず高気圧の縁辺に沿って進む。更に南に目を向けるとマリアナ諸島付近には次[…]

IMG
あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!