【2019.7.2】太平洋側は南西うねりが弱まりながらも続く、大潮まわりで良くなりそう

  • 2019年7月2日
  • 2019
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 九州南部は大雨が続き土砂災害に警戒

午前3時の実況天気図 ASAS

梅雨前線が本州の太平洋沿岸からやや南の海上に停滞しており、今日も広い範囲で梅雨空が続きます。

九州南部では今朝も雨が降り続いており、昼前にはかなり激しい雨が降る予報がでています。

今までの雨で地盤がかなり緩んでおり、少しの雨でも土砂災害が発生する可能性があります。

今日も土砂災害には厳重な警戒が必要で、山沿いの斜面近くにお住いの方などは、早めに避難をしたほうが良さそうです。

ここ最近の気圧配置としては、
はるか東海上にある太平洋高気圧が日本の南海上まで張り出しを強めており、またオホーツク海にも高気圧が停滞しています。

教科書的に表現すると、梅雨前線はこの2つの高気圧のせめぎ合いにより形成されており、その時々の暖かい空気と冷たい空気の強さなどによって、梅雨前線の位置が上下します

このため梅雨の時期はこの前線の位置がコロコロ変わり前線の微妙な位置の変化により風向や風速が変わるため、この梅雨の季節は予報が非常に難しい時期です。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 九州は大雨に引き続き厳重警戒午前3時の実況天気図 ASAS7月に入りました。梅雨前線の活動が活発な状態が続いており、今日も関東から九州の上空に長く横たわって停滞しています。[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは南から北で不安定ながらも弱い風かほぼ無風。

沿岸部では濃い霧が発生しているところもあり、風が弱い朝です。

梅雨前線は南下して遠ざかりつつありますが、前線の南側で吹く南西の風とうねりにより、今朝も千葉南エリアを中心に腰腹から胸くらいのサイズがあります。

朝一は潮が多く割れにくいポイントが多いですが、これから潮が動いてくるタイミングでコンディションが上向いてきそうです。

南西うねりなので、千葉北より千葉南エリアの方が反応がよいポイントが多くなる傾向。

一宮周辺はワンサイズ小さめの膝腿から腰くらいのサイズ感でのスタートです。

湘南は南西うねりには良く反応するので、今朝も小ぶりながらも遊べる波があるようです。

潮が引いてきて腿腰から腹くらいのサイズ感で、今日もミドルタイドの時間帯を中心に遊べる波がありそう。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/07/02
日の出:04:28 / 日の入:19:00
大潮
満潮:03時04分(145cm) / 17時14分(142cm)
干潮:10時10分(-2cm) / 22時25分(89cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/07/02
日の出:04:30 / 日の入:19:01
大潮
満潮:03時21分(154cm) / 17時39分(153cm)
干潮:10時35分(1cm) / 22時48分(99cm)

今後の気圧配置と波: 南西うねりは小ぶりながらも続きそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけても梅雨前線の位置はほとんど変わらず太平洋沿岸から少し南の海上に停滞しています

ただ前線は九州南部にかかってしまう状況が続いており、九州南部は引き続き雨が降りやすい気圧配置が続いています。

千葉と湘南エリアでは、前線の南側の南西うねりは同じくらいのサイズ感で続きそう。

潮が動くミドルタイドの時間帯に合わせて入るのが良さそうです。
これからだと、昼過ぎの12時過ぎくらいから潮が上げに大きく動いてくるので、そのタイミングに合わせて入ればワンサイズ大きめの波で楽しめるかもしれません。

千葉と湘南は今日いっぱいは風の影響は少なそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日も同じような気圧配置が続きます。
梅雨前線がやや北上してきそうな配置となっており、風向きが不安定な状況が続きそう。

南西うねりは同じくらいのサイズ感で続きそうな感じがしますが、今日の夕方の情報をチェックしておいた方が良いでしょう。

明日も九州南部は雨が降りやすいので、十分にご注意ください。

今日のツイッター波情報

今日の記事

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップしています。前線が離れたことにより南西うねりは少し弱くなってきてますが[…]

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/07/02)

7/2 3:00 ASAS梅雨前線は北陸地方に停滞。アメダスでも既に降り始めからの雨量がかなり多くなっている状況。明日もこのまま前線は北陸付近に停滞する見込み。フィリピンの東には新たに熱帯低気圧が発生。明日の朝にかけて中心付近の最大風速[…]

IMG
OnThisDay(2018/07/02)

7/2 3:00 ASAS 台風7号は970hpaまで発達し北へ8ktとゆっくり北上している。西日本太平洋側には今朝から台風からのうねりが入り、和歌山の磯ノ浦では肩頭サイズのグッドコンディション。宮崎や四国ではすでにハードなコンディ[…]

IMG

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

最新情報をチェックしよう!