台風14号は東海道沖で温帯低気圧へ、明朝はどれだけ波が残るか・まとまるか?【2021.9.18】

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

 

はるべえ
明日の朝は
湘南はどれだけサイズ残るのか?
千葉はどれだけ波がまとまるのか?


はるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士
です。

9月18日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日は台風14号の影響で
朝から各地で南よりの風が強く
千葉エリアはほとんどのポイントで
クローズアウトなコンディションに

今回の台風14号はいろいろと不可解な
動きがあったような感じがしますが
今日の15時に温帯低気圧に変わりました

これからの注目は
台風から変わった低気圧が東へ抜けて
北風に変わっていくことで

湘南はどれだけ波が残るのか?
千葉はどれだけ波がまとまってくるのか?

こんなところが気になるところかと
思いますが

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえ台風14号は統計開始以来はじめてとなる福岡県に上陸しましたはるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士です。9月17日 金曜日の気圧配置と風と波の状況/明[…]

台風14号福岡県に初上陸

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

台風14号は昨日、福岡県に上陸し
その後は四国から紀伊半島を横断して
今日の午後には太平洋側の東海道沖まで
移動
してきました

千葉南エリアの雨のピークは午前中で
時々強く降る時間帯がありましたけど
それほど長続きはせず
土砂降りって感じはなかったように思います

今回の台風の雨雲は
台風よりも東側に活発な雨雲があって
台風本体がくる頃には
もう雨風はおさまっている
といったパターンになったところが
多かったですね

台風14号_210918

昨日から今日にかけての
台風の経路はこんな感じで
台風14号は進んできました

午後3時の発表では
やはり東海道沖で温帯低気圧に変わったようです

しかし今回の台風14号は
いろいろと不可解なところが多い台風と
なりました

はるか南海上のフィリピンの東くらいに
あったときには猛烈な台風にまで発達し

その後北上して
東シナ海の北緯30度付近で
丸2日くらいは同じようなところを
ウロウロと停滞

上空の強風軸が南下してきたことにより
やっと東北東方向に動きだして

温帯低気圧になるかと思いきや
ならずにそのまま台風として
統計開始以来はじめて福岡県に上陸

衛星画像で雲域が不明瞭になったかと
思ったら再び輝度の高い雲域が現れ

対馬海峡から日本海に向かうかと思ったら
そのまま東へ進み

四国~紀伊半島を台風のまま横断して
東海道沖まで抜けていきました

これだけ陸上を通過してきても
まだ台風として発表されていましたが
ほとんど温帯低気圧になっていた
ような状況だったかと思います。

こんな状況で進んできましたので
いろいろと不可解というか
変わり者の台風
だったのではないかと
思います

アメダス風向210918_1800

今日の16時のアメダス風向風速データです

今日の千葉エリアは朝から南よりの
風が強く吹いており
朝から千葉エリアのほとんどのポイントでは
風の影響でジャンクなクローズアウト
となっていました

今日はアクアラインを13時頃に
通りましたけど
南の風が13m/sで時速40㎞規制となってましたが
それほど横からの風は受けなかった印象です

掲載したのは午後4時のアメダス風向風速データ
ですが、辻堂のアメダスは南よりの風が
弱くなったりやや強まったりしながらも
吹き続けている状況です

石廊崎の波浪観測データ_210918_17

こちらは石廊崎の波浪観測データです

昨日から吹きはじめた南寄りの風によって
今日の午前1時には1.8mの波高となり
その後昼過ぎにかけても波高は上昇し
午後1時と3時には3.2mにまでアップ

そして17時には3.7mの波高にまで
アップしてきており

湘南も昼より夕方から夜にかけてのほうが
サイズアップしてきているのでは?

暗くなってサイズアップしてきたのか
わからないかと思いますけど
今日の日中よりも夜の方がアップしている
かもしれませんね

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/18
日の出:05:24 / 日の入:17:42
若潮
満潮:01:43(133cm) / 15:53(141cm)
干潮:08:53(28cm) / 21:20(87cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/18
日の出:05:26 / 日の入:17:45
若潮
満潮:02:00(127cm) / 16:13(140cm)
干潮:09:14(23cm) / 21:39(83cm)

【千葉・湘南】今日の波

千葉エリアの各ポイントでは
南からの強い風でほぼ全域で
終日クローズアウトが続きました

Twitterのタイムラインで
波の状況などを見ていると
湘南はかなり大雨だったようですけど
日中はあんまりサイズアップはして
ないような投稿が多かったですね

石廊崎の波浪観測では波高が3.2mまで
アップしてきていたので
湘南ももう少しアップしてきても
良さそうなものの

日中はミドルサイズくらいまでの
サイズアップだったようですが

夕方から夜はもうちょっと
サイズアップしてきているのかも

しれません

これから北風に変わって
強く吹いてきそうですが
明日の朝にどれだけサイズが
残っているか?ですね

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

台風14号は東海道沖で温帯低気圧にかわり
引き続き東へと移動していく予想気圧配置です

台風から変わった低気圧は
今夜遅くには関東の南海上を
通過していきそうであり

明日は天気は回復して
晴れ間が戻ってきそうです

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ210918

明日のざっくり風イメージはこちら

今日これからの注目すべき点としては

  • 千葉・湘南で北よりの風に変わるタイミング
  • 南からの波が明日の朝までにどれだけ残るか

の2点ではないでしょうか

この記事を書いている午後8時時点では
辻堂アメダスはまだ南よりの風

千葉エリアもまだ南よりが吹いてます

今夜遅くには北よりの風に変わりそうで
ここは想定通りとなって推移していきそうです

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

明日午前9時の予想では
房総半島沖では東からの波で
周期は8秒、波高は2.8m

相模湾も東からの波となっており
周期は9秒、波高は1.9m となってます

相模湾では明日の朝の時点では
すでに東からの波として予想されてます

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210918

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/19
日の出:05:24 / 日の入:17:40
中潮
満潮:02:44(142cm) / 16:17(145cm)
干潮:09:35(25cm) / 21:53(73cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/19
日の出:05:27 / 日の入:17:43
中潮
満潮:03:02(137cm) / 16:35(143cm)
干潮:09:56(20cm) / 22:09(68cm)

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

今夜遅くには北よりの風にかわり
オフショアベースの風
となって
面はまとまってくるかと思いますが

湘南の日中はミドルサイズまでアップし
また石廊崎の波浪観測データを見ても
夕方以降にサイズアップしてきている
可能性があるので

明日は日中はサイズダウン傾向となりつつも
朝はまだ遊べる波が残って
いるのではないでしょうか?

湘南へ向かうのであれば
サイズが残っていそうな
朝一から入っておくのが良さそうです

遊べる波が残っていることを期待して
今日は早く寝ましょう

千葉エリアも日付が変わったくらいには
北よりの風に変わってきているはずで

南向きのポイントでは
次第にまとまってコンディションが
上向いてくる可能性があります

千葉は東からの波にも反応が
続くのでサイズは十分残りそうです

ただここで問題となるのが
駐車場の閉鎖ですよね・・・

千葉北の飯岡~片貝までは
メジャーなポイントはほとんど
駐車場が閉鎖されているような
感じかと思いますし
マルキも駐車場が閉鎖中

朝一から波が落ち着いてきている
のであれば白渚~花籠エリアで
入る感じかと思いますし

あとは御宿の民間の駐車場へ
向かう感じでしょうか

どちらもすぐに駐車場はいっぱいに
なってしまいそうなので

まだ波が落ち着いてなくて
ハードなコンディションだったとしても
早くから駐車場に停めておいて
落ち着いてくるのを待ったほうが
良さそうです

あとは平砂浦もサイズダウンは
しつつも何とかできる波は
残っているんじゃないかなと
いったところでしょうか

こちらも停めれるところが
限られているかと思いますので
路駐・迷惑駐車などには
十分ご注意ください

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

明後日月曜は祝日となり
お休みの方も多いかと思います

気圧配置としては
関東の南東海上に台風から変わった低気圧?
それとも別の低気圧?が予想されていますが
あんまり影響はなさそうで

沿海州あたりに中心のある
高気圧に北から覆われる気圧配置

となってきそうです

この北偏する高気圧からの
縁辺をまわる吹き出しの風が
月曜も入りそうで

北高型の気圧配置となることから
明後日も北東ベースの風が
続きそう
です

千葉エリアでは明日のサイズの残り
具合にもよりますけど

月曜も北東の風をかわすポイントでは
東からの波の反応が続いて
サーフィン可能なサイズの波が
続きそうです

明日の後半にコンディションが
比較的よかったポイントでは
明後日も朝からできる可能性がありますので

また朝一から駐車場に停めるような
感じで向かうのが良さそうです

湘南は東からの波となってしまうので
反応は鈍くなり
スモールサイズなコンディション
となってきそうです

サイズを求めるなら千葉エリアに
向かったほうがよいのですが
早く駐車場がオープンになって欲しいものです・・・

LINE公式では
明日の風と波とポイント情報や
ブログ更新情報などを配信しています
以下より友達追加していただけます

友だち追加

 

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
台風の知識

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波のコンディションとブレイク
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の満員[…]

波をつくるための風
台風14号は温帯低気圧へ
最新情報をチェックしよう!