台風16号は猛烈な台風へ、令和元年台風15号/19号のコースに似た進路予想に・・・?【2021.9.26】

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

 

はるべえ
今週後半は台風16号に
厳重警戒になる可能性があります


はるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士
です。

9月26日 日曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

今日の午後の台風16号の進路予想では
10月1日金曜の予報円まで出てきています

現時点での今週金曜の予想は
中心気圧は950hPa程度の非常に強い
台風として千葉県に接近する可能性がある
予想
となっていて

今の時点の台風中心線は千葉よりも
東海上を通る予想となっていますが
この中心線が今後もし西へシフトしてきたら・・・

2年前の令和元年の台風15号/19号
同様のコースとなる可能性もあり
早めの避難が必要になってくる
レベルの厳重警戒になるかも
しれません。

今週はこの台風16号の予想進路から
目が離せない状況となりそうですが

まずは今日の気圧配置から
見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

 はるべえ台風16号が急速に発達しながら北上していますはるべえ@波乗りブログ毎日更新1,500日の気象予報士です。9月25日 土曜日の気圧配置と風と波の状況/明日のサーフポイント[…]

台風16号急速に発達中

 

日々の気圧配置の推移と
千葉・湘南・茨城エリアの
波のコンディションについて
記事を毎日更新している
波乗りお天気ブログです

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図 ASAS

予想気圧配置

今日も日本付近は北海道から千島付近にある
高気圧に北から覆われる気圧配置が続きます

今日も千葉エリアはこの高気圧からの
吹き出しによって北東~東の風が入りやすい
状況が続きました

朝から雲の多い空模様で
どんよりとして肌寒い一日でした

アメダス風向210926_1500

午後3時のアメダス風向風速データです

北寄りの風が各地で吹いており
沿岸部ではやや強めに北東ベースの風が
吹いているところが多かった模様

昨日よりかは少し風が弱かったかもで
ストレートな北風が吹いたポイント・
時間帯もあったようです

石廊崎の波浪観測データ_210926_17

石廊崎の波浪観測データです

昨日の夜から少しだけ反応が良くなってきた
ような感じもあり、東~南東うねりが
少しまわりこんで反応してきた感じもしますが
まだ波高は1m以下で推移しています

台風からのうねりはまだ反応していません

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/26
日の出:05:29 / 日の入:17:30
中潮
満潮:07:25(133cm) / 18:38(144cm)
干潮:00:57(37cm) / 12:48(82cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/26
日の出:05:33 / 日の入:17:33
中潮
満潮:07:50(131cm) / 18:45(140cm)
干潮:01:18(29cm) / 13:09(81cm)

【千葉・湘南】今日の波

千葉エリアでは北から覆う高気圧からの
東ベースのうねりの反応が徐々に良くなって
きているようで

昨日よりもサイズはアップ傾向となりましたが
北東ベースの風が今日も一日影響がありました

千葉南エリアでも昨日よりサイズは
アップ傾向となってきていて
ミドルサイズまで波があがってきていましたが
北東の風の影響のあるコンディション

北東の風をかわすポイントでは
そこそこ出来ていた時間帯はあったようです

湘南も東~南東うねりが少しまわりこんで
反応してきているのか
スモールサイズながらも
少しできるくらいの波はあったようですね

台風16号の動向

引き締まった雲域とはっきりとした台風の眼

台風16号_210926_衛星画像

まず今日は衛星画像から見ていきたいと思いますが
昨日よりも更に発達をしてきており

赤外画像を見ても雲域はかなり引き締まってきて
中心にははっきりとした台風の眼
が確認できます

台風の雲域の形としては
だいぶ美形な部類に入るような雲となっており
それだけ渦をしっかり巻いて
発達してきているということが
この画像を見るだけでもわかります

台風16号_210926

台風16号は15時の実況で
中心気圧は920hPa、中心付近の最大風速は秒速55mとなり
台風のカテゴリとして「猛烈な台風」にまで
発達してきました

今日の時点では沖ノ鳥島近海で
ほとんど停滞しているようです

気になる今後の台風の進路予想ですが
南海上を北東方向へと進む予想が
出てきており

今週金曜の10月1日には
中心気圧は950hPaの非常に強い勢力

千葉県に接近してくるような予想と
なってきました

令和元年 台風15号/19号の経路図

この台風予想を見て思い出されるのが

千葉県に甚大な被害をもたらした
令和元年の台風15号
東日本の広い範囲に甚大な被害をもたらした
同じく令和元年台風19号の進路です

T1915
令和元年台風15号の経路図
T1919
令和元年台風19号の経路図

現時点での台風16号の予想では
台風中心は千葉県よりも東の海上を
通過するような予想となっていますが

予報円としてはまだ進路が西よりの
コースとなる可能性は十分あり

現時点の予想よりも西の進路となったときには
上記令和元年の2つの台風と同じような
コースとなる可能性もあります

令和元年の2つの台風は
いずれも台風中心が千葉県よりも西を通過したことから
千葉県が台風の危険半円にすっぽり入ったことで
甚大な被害となってしまいました

今回も接近時には中心気圧が950hPaで
非常に強い台風としての接近が予想されているので
進路予想が西にシフトしてきたら
早めの避難が必要なレベルの厳重警戒となってきます

こちらのKindle電子書籍にて
台風への備えについても記載していますので
合わせてご覧ください

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時予想天気図 FSAS24

予想気圧配置

明日も千島近海あたりに高気圧の中心があって
日本付近は高気圧後面に位置するようになってきます

明日もこの高気圧からの
北東~東の風が入りやすい気圧配置が続きます

そして台風16号はいよいよ北緯20度線に
到達してくる予想
となってきました

明日のざっくり風イメージ

ざっくり風イメージ210926

明日のざっくり風イメージはこちら

明日も朝から高気圧の吹き出しによる
北東ベースの風が吹く一日となりそうです

東海上では東うねりが発達してきており
明日は千葉・茨城エリアには
東うねりによって今日よりも
サイズはアップしてきそうです

沿岸波浪24時間予想図 FWJP

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図です

明日も千葉・茨城エリアにメインで
反応するのは東うねり
となります

房総半島沖では東の波で周期は9秒
波高は2.3mが予想されています

相模湾でも東の波で周期は9秒
波高は1.9mが予想となっていて
湘南でも東うねりがまわりこんでの
反応が今日よりもよくなってきそうです

明日の暦と潮回り

勝浦の潮位情報_210926

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/09/27
日の出:05:30 / 日の入:17:29
中潮
満潮:08:11(124cm) / 18:57(139cm)
干潮:01:33(41cm) / 13:10(92cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/09/27
日の出:05:33 / 日の入:17:32
中潮
満潮:08:39(123cm) / 19:01(135cm)
干潮:01:52(33cm) / 13:31(93cm)

明日の風と波(千葉・湘南エリア)

明日の千葉は今日よりも東うねりの
反応がよくなってきて
今日よりもサイズはアップ傾向となりそうです

ただ北東ベースの風が続いており
多くのポイントでまとまりのない波に
なってきてしまいそうなので

明日も北東ベースの風をかわる
ポイントへ向かう一日となりそうです

ここ最近の傾向としては
朝のうちはストレートな北風が吹いている
時間帯があることが多いので

朝のうちは千葉南の和田~白渚エリアも
波がまとまりやすい時間帯となるかも
しれません

湘南も東うねりが回り込んで今日よりも
少し反応がよくなってきそうでしょうか

東うねりの反応がよい吉浜も遊べる
ミドルサイズくらいまでアップしてくるかもで
鵠沼周辺も遊べるサイズがあるかもですね

台風16号が猛烈な台風として
北緯20度線に到達してきそうなので
早ければ明日の遅い時間に
東うねりに混じって南うねりが
入ってくる可能性があるかもですが

明日のうちは明瞭なうねりとしては
入ってこないかもで
火曜日からのほうがうねりはしっかり
してきそうです

明後日の風と波(千葉・湘南エリア)

予想気圧配置

火曜日の午前9時の予想気圧配置です

千島付近の高気圧は同じような位置にあって
引き続き北東ベースの風を送り続けそうで
東うねりも更に反応がよくなってきそうな
気圧配置です

また台風16号は北緯20度線を越えてきて
中心気圧は905hPaまで深まってくる予想

速度もゆっくり北へと進む予想となっており
台風からの南うねりの反応が出てきそうです

千葉は東うねりの反応でサイズは十分になって
そうなので、海に入らないと台風からの
南うねりが感じられないかもしれませんけど

湘南は南うねりの反応が
比較的わかるのではないかと思います

どこまでサイズあがってくるかは
まだわからないですけど
いきなりクローズアウトなコンディション
になってくることはないのではないかと思います

明日の石廊崎の波浪観測データで
周期が10秒以上の波が観測されてくるかどうか
よくチェックしておきましょう

 


Twitterタイムライン/気象実況データ

Twitterタイムライン

Windy

Windy.com:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

気象庁各種データへのリンク

天気図

アメダス風向風速

台風情報

 

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
台風への備え

サーファーが知っておきたい台風への備えこれまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。台風への備[…]

猛烈な台風16号
最新情報をチェックしよう!