2021年元旦は冬型の気圧配置と西うねりからのスタート~今年も沢山いい波に乗りたい!【2021.1.1】

今年もたくさんいい波乗りたいですね!

はるべえ

明けましておめでとうございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月1日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日の大晦日は朝からそこそこのサイズでコンディションが整って、いい乗り納めが出来た方も多かったのではないでしょうか。

そして今日は2021年の元旦。

既に初日の出を見ながらの初乗りの1Rを終えて、地元へ帰宅している最中の方も多いのかもですね。

今年も週末サーファーの方を主な読者と想定し、天気図や関連データをざっくり見て千葉と湘南エリアの波がどんな感じになりそうなのか。

そんな記事を毎日続けていこうかと思います。

今年もいい波たくさん乗って、サーフィン楽しみたいですね!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

乗り納めには最高のいい波はいってきてますね!はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。12月31日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日は202[…]

2020年乗り納め
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

2021年元旦の朝は西高東低の冬型の気圧配置からのスタートです。

アリューシャンにある低気圧は勢力を維持したままで、中心気圧は924hPaとして解析されています。

一方でシベリアにある高気圧は一時1084hPaまでの高気圧となりましたが、幾分寒気を吐き出した感じでやや中心気圧を下げてきている状況。

年末から南下してきている寒気は元旦の今日も日本付近を広く覆っており、寒い元旦の朝となりました。

 

西高東低の冬型の気圧配置により、日本海側は明日にかけても大雪に警戒が必要な状況。

太平洋側は広く冬晴れとなり、各地で初日の出が見られたかと思います。

 

今朝の関東地方も冬晴れ。

沿岸部で西寄りの風がやや強めに吹いていて、風が冷たく感じますね。

湘南と千葉エリアでは昨日から反応が続いている西うねりによってサイズはキープしており、風の影響が少ないポイントではそこそこのコンディションで初乗りできたポイントもあったかと思います。

今日は西の風が午後まで続く見込み。

千葉北では多くのポイントでオフショアの風、東うねりが抑えられながらもまだ遊べるサイズが残っているポイントもあるので、サイズ落ちてくる前に早めに初乗り1R入っておいたほうが良さそうですね。

参考記事)西うねりの反応をチェックするときに見ておきたいデータを紹介します【2020.11.9】

関連記事

おはようございます。はるべえです。11月9日の週明け月曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。昨日の湘南エリアには南西の風波→西うねりが一日反応していて、腰腹サイズで十分遊べる波が入っていましたね。千葉[…]

今朝の実況データ

今朝の衛星画像で雲の様子を見てみますと、

日本海には寒気を伴った筋状の雲はまだまだびっしりと敷き詰められていますけど、昨日より少し雲のエリアが狭くなっている感じがします。

寒気の吹き出しの強さのバロメーターとなる離岸距離もやや広くなってきており、黄海の雲もだいぶなくなってきています。

衛星画像

ただレーダーナウキャストではまだまだ日本海側には雪雲が次々と流れ込んできている状況。

明日にかけても大雪に警戒が必要な時間帯が続きます。

レーダーナウキャスト

アメダス気温のデータでは各地で冷え込んでいます。

午前8時のデータなの朝一の気温という訳ではないですけど、日の出の時刻に近い午前7時の気温では沿岸部で氷点下を観測された地点はありませんでした。

クリスマス前の寒気の方が朝の気温としては低かったですね。

アメダス気温

今朝のアメダス風向風速

東海沖からの風の流れが、館山、三浦、網代あたりまで西の風として観測されており、その流れで鴨川と勝浦も西の風を観測。

その流れからは北側にある湘南や千葉北では北寄りの風が入ってきています。

アメダス風向

 

石廊崎の波浪観測データを見ても、西うねりの反応で波高は1m以上をキープした状態が続いていますね。

低気圧へと吹き込む南西の風によるオンショアでのサイズアップから西うねりにシフトして波はキープするパターンで続いています。

石廊崎の波浪観測データ

御前崎灯台の風は昨日から西の風が10m/s以上で吹き続いていますね。

湘南と千葉南エリアでは西うねりの反応が今日も続きそうです。

海の安全情報のサイトより引用:https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎灯台の風

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/01
日の出:06:47 / 日の入:16:37
大潮
満潮:06:42(137cm) / 17:06(146cm)
干潮:11:46(88cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/01
日の出:06:50 / 日の入:16:40
大潮
満潮:07:03(143cm) / 17:19(146cm)
干潮:00:01(-5cm) / 12:10(92cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイントは

はるべえ
  • 湘南と千葉南エリアは西うねりが続き、千葉北は東ベースのうねりの残りが反応
  • 東海沖からの西風で千葉北はオフショアだけど東うねりは抑えられてサイズダウンしてきそう
  • 湘南はサイドからの風でややまとまりないながらも腰腹くらいの遊べる波はありそう
  • 千葉南も鴨川や和田は西の風でややまとまりないながらも西うねりでサイズは十分あり

千葉エリア

今朝の千葉南エリアは西の風がやや強めに入ってます。

初日の出の時間帯は北西の風が少し吹いていたようですが、西の風にシフトしてきています。

鴨川マルキポイントはサイドの風となり、少しまとまりに欠ける波ですけど、西うねりが反応してサイズは十分の胸肩サイズ。

ライト方向にたまに切れた波も入ってきており、初乗りは十分可能なコンディションです。

白渚ポイントも同じセットで胸くらいのサイズは入ってきているようですが西からの風が結構強く吹いていて、

左への流れが出てきそうな感じですが、朝一から遊べる波はあります。

千歳や千倉は風はオフショアですけど、西うねりなので鴨川や和田エリアよりもワンサイズくらいは小さい波。

初日の出の時間帯は満潮時刻と重なって、千歳は割れにくい波ばかりでしたけど、これから昼にかけて潮が引いてくるので、

風の影響を気にするなら千歳や千倉へ向かうのが良さそうです。午後はもう少しサイズ下げてきてしまうかもですけど。

千葉北エリアは東~南東うねりの反応が続いており、西風で一宮周辺や九十九里エリアではオフショアの風。

初日の出の時間帯は一宮周辺がそこそこのサイズをキープしつつオフショアで整った波となり、いい感じで初日の出サーフィンできたのではないでしょうか。

 

湘南エリア

昨日よりもサイズは下げてはきてますが、まだ西うねりの反応は続いています。

朝は風が西よりで吹いているポイントが多かったようで、サイドからの風で少しまとまりに欠ける波だったかもですが、初日の出サーフィンができる元旦でした。

風はこれから少し弱くなりそうですが、西~南西の風も少し入ってきそうな感じ。

大晦日のような整った面の波という感じではないかもですけど、遊べるサイズは続くので午後もサーフィン楽しめそうです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけてはもアリューシャンの低気圧は勢力をキープし、物凄い数の等圧線が描かれてますね。

この冬はアリューシャンの低気圧の位置と等圧線の流れからは北西方向へのうねりが強くなる傾向が続いており、ハワイやカリフォルニアには波がずっと続いているのではないかと思います。

一方で日本への北東うねりは入りにくい低気圧の位置と気圧配置が今のところ続いてますが、これからの時期は東海沖からの西うねりとともに、アリューシャンの低気圧からの北東うねりにも期待したいところです。

今回の低気圧は中心がアリューシャン列島の真ん中あたりに位置していることから、少し期待できる位置にありますね。

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜にかけてもあんまり気圧配置に大きな変化はなく、引き続きアリューシャンの低気圧は勢力を維持しています。

ただ日本付近の冬型は少し緩んできており、等圧線の間隔もだいぶ広くなってきそうです。

湘南と千葉南エリアには引き続き東海沖からの西うねりの反応が続きます。

ただ今夜~明日の朝にかけては御前崎沖合の西風が少し弱くなってくるかもしれないので、明日は今日よりもサイズ少し落としてくるかも。

でも朝のうちは風はそれほど強くは吹かないくらいの北西~西の風となりそうなので、サーフィン可能なコンディションからのスタートとなりそうです。

西の風がオフショアとなる千歳や千倉ではサイズ抑えられてしまい物足りない波になってしまうかも。

朝の北西の風が混じって吹きそうな時間帯に、鴨川~和田・白渚エリアで入っておくのが良いかもですね。

千葉北は西よりの風ではなく北寄りの風が吹いてきそうです。

東ベースのうねりは今日のうちに抑えれてしまいそうなので、明日は今日よりもサイズ下げてきてしまうかも。

そして3日の後半から4日以降はアリューシャンからの北東うねりが反応してくるかもしれません。

茨城の鹿嶋エリアに周期が10秒以上の長い波が入ってきたら、その後に千葉北から北東うねりが反応してきます。

3日のうちに反応してくるか微妙ですけど、仕事始めの4日あたりからは久しぶりに反応が始まるかもしれません。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/02
日の出:06:47 / 日の入:16:38
中潮
満潮:07:19(135cm) / 17:45(143cm)
干潮:00:16(-3cm) / 12:23(86cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/02
日の出:06:50 / 日の入:16:41
中潮
満潮:07:41(141cm) / 17:57(144cm)
干潮:00:39(-5cm) / 12:48(91cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.01

1/1 3:00日本付近は引き続き高気圧に覆われていてよく晴れているところが多い風は北から北西の風で、所によりやや強く吹いているところもある。千葉エリア、九十九里から一宮周辺にかけて、朝一は昨日よりもサイズダウン傾向、潮が多い時間帯と[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.01

1/1 3:00 ASAS関東の南海上と日本海に中心のある二つ玉の低気圧はそれぞれ東進し、関東の東海上と秋田沖にそれぞれ位置している。低気圧はそれほど発達しないまま東進し、中心付近は等圧線で繋がる形のまま関東南岸を東進してきたため南からの[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.01

1/1 3:00 地上天気図と波情報2019年の元旦の朝を迎えました。今朝の千葉エリアの日の出は6時47分、日の入りは16時37分です。満潮は12時42分で133㎝、干潮は6時22分の81㎝と20時04分の41㎝で若潮となります。[…]

OnThisDay-2020.01.01

気圧配置&天気と波情報 : ポイント選べばいい波で初乗り午前3時の実況天気図 ASAS2020年の元日となりました。今年も冬型の気圧配置で北東うねりからのスタートです。オホーツク海と千島の東には発達した低気圧があり千島[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

二十四節気と雑節

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

季節の移り変わりを感じる
高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

2021年初乗り
最新情報をチェックしよう!