大雪警報と北東うねり、明日の朝は路面凍結によるスリップに要注意!【2022.1.6】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

1月6日 木曜日の
気圧配置と風と波の状況/
明日のサーフポイント情報を

本日も更新していきます。

南海上を東進している低気圧の影響で
今日は関東各地で雪が降りました

午前中は大雪注意報でしたけど
午後には大雪警報に切り替わり
都心でも10センチの積雪となったとのことで

これだけ積もったのは
2018年1月以来のことのようですね

明日の朝も氷点下の冷え込みとなりそうで
路面凍結が心配なところです

明日の千葉エリアは
アリューシャンからの北東うねりの
反応が良くなって
北西からのオフショアベースの風にも
なりそうなので

コンディションが整ってくる可能性が
ありそうなんですけど

山越えの国道・県道などは
要注意な路面状況となりそうなので
無理のないよう慎重に行動していただければと
思います

今日の気圧配置と風と波

午後3時の実況天気図

実況天気図

昨日の夜に東シナ海にあった前線上に
低気圧が発生し
今朝午前9時の時点では九州から四国の
南海上の北緯30度線あたりまで東進

その後も低気圧は東進を続けて
午後3時の時点では紀伊半島の
南海上あたりまで移動してきました

関東各地は朝からどんよりした空模様で
午前中から粉雪が舞ったところも多く

12時のNHKのニュースでは
渋谷でも雪がちらつき千葉市では
だいぶ雪が降っていた映像

流れていましたね

千葉南部の午前中はたまに粉雪が少し
ちらつく程度で
防災無線からは南房総市にも大雪注意報が
発令されたとの知らせがありましたが

夕方になり再び防災無線からは
大雪警報が発令されたとありました

ただ夕方の千葉南エリアでは
まだ小雨程度の降り方で大雪には
なっていませんでしたが

19時くらいからみぞれ交じりな
感じの雨となってきていたので
千葉南部でもこれから明日の朝にかけて
積雪する可能性もありそうです

kamogawa-220106

朝の沿岸部は各地で北~北西の風で
強くは吹いてない状態からのスタート

千葉南エリアの朝は地形が深いことから
まだサイズアップと感じられるほどの
変化はないのですが

沖から入ってくるうねりは昨日よりも大きく
なっているようにも見えました

うねりは左斜め奥から入ってきていたことから
北東うねりが少し入ってきていた
のではないかと思います

 

wada-220106

和田のビーチは
今日も変わらず地形が深いことで
フラットな日が続きます

千葉北エリアも北東うねりの
反応がよくなってきたようで
昨日よりもワンサイズ以上は
アップしてきた模様

午前中まで北西の風が吹き続いたことから
多くのポイントで遊べる波が入ってきていた
と思われます

昨日の時点では
北風がもう少し影響してくるかと思ったので
片貝エリアからのチェックがよいかと
記載しましたけど

北西の風が続いたなら、
一宮周辺や九十九里のその他ポイントでも
できるポイントが多くなったのでは
ないでしょうか

minamiboso-220106

そして夕方からは
北東うねりの反応がよくなってきて
千葉南エリアでもだいぶサイズアップ
してきたのですが

アウトで1回割れるも
すぐに厚くなってしまう波で
厳しい感じが続いてしまいました

千葉北エリア
北西の風が続いたようなので
九十九里から一宮周辺ではミドルサイズで
そこそこできる波があったのではないでしょうか

 

湘南エリアには
北東うねりは反応しにくく
吉浜までいけば少し反応していたかも
しれませんが

この雪の中にわざわざ向かうまでも
ないコンディションだったのでは
ないかと思います

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/06
日の出:06:47 / 日の入:16:41
中潮
満潮:07:52(136cm) / 18:15(143cm)
干潮:00:44(-6cm) / 12:55(84cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/06
日の出:06:51 / 日の入:16:44
中潮
満潮:08:13(136cm) / 18:30(144cm)
干潮:01:12(-6cm) / 13:15(87cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

今夜から明日の朝にかけては
低気圧は南海上を東へ移動し
明日午前9時には南東海上にだいぶ
離れた位置に予想されています

三陸沖にも小さな低気圧がありますが
西から高気圧が張り出してきて
西高東低の気圧配置となってくる見込み

 

今夜から明日の朝にかけて
各地で積雪がありそうなので

特に明日の朝は路面凍結による
スリップなど非常に危険な路面状況に
なっている可能性がありそうです

山間部はもとより沿岸部でも
橋の上などは特に凍結しやすい場所なので
都内から無理に海へ向かうのは
慎重になったほうが良さそうです

四駆の冬用タイヤで
雪道にも慣れている方であっても、

周囲には夏タイヤで雪道に慣れてない
方が多く走っている可能性があるので

安全運転というより防衛運転が必要と
なりそうです

唐桑の波浪観測データ_220106

千葉エリアの波のほうは
今日反応がよくなってきた
アリューシャンからの北東うねりが
明日はもう少し反応がよくなる
可能性があります

こちらのグラフは今日は
唐桑の波浪観測データを掲載しましたが
昨夜遅い時間より周期10秒以上の
長い波長の波が観測されており
今日も一日12~14秒程度の周期の波が
観測されています

明日の朝のアリューシャン低気圧の
形を見ても
北東うねりが続きそうな等圧線をしている
ことから

今回の北東うねりは日曜前半くらいまで
続く可能性がありそうです

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

沿岸部の風は
明日も引き続き北西の風が続きそうなので
朝から千葉方面に向かうことができそうなら
今日と同じく九十九里~一宮周辺あたりから
チェックしていくのが良いかと思います

北西の風なので一宮周辺でも
できる波があるかと思いますが
今日よりサイズ大きくなってハードな
感じになってしまうかもしれません

ハードになってそうなら片貝エリアや
飯岡や御宿などのうねりを軽減する
ポイントへ向かう感じがよいでしょう

千葉南エリアもサイズがでてきているので
地形が深いながらも少しアウトで割れて
くるかもしれませんが

朝は潮が多い時間帯なので
厚めの波が中心となりそうですが

昼過ぎの干潮前後の時間帯に入れば
ここ最近のなかではできるコンディションで
サーフィン楽しめるかもしれませんね

湘南エリアには北東うねりは
反応鈍そうですが
冬型の気圧配置となることから
これからの時間帯に東海沖で西風が
強まってくる可能性がありそうです

ただ北の成分が多く入って北西っぽい
風が吹きそうなのと
東京湾から相模湾にぬける北~北東の風が
強めに吹きそうなことから

西ウネリの反応はあんまり
期待はできないのではないでしょうか

 

サイズを求めるなら千葉エリアへ
向かったほうがよいでしょう

運転にはくれぐれも
ご注意ください

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/01/07
日の出:06:47 / 日の入:16:42
中潮
満潮:08:25(132cm) / 19:03(131cm)
干潮:01:22(8cm) / 13:42(79cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/01/07
日の出:06:51 / 日の入:16:45
中潮
満潮:08:46(130cm) / 19:19(133cm)
干潮:01:51(7cm) / 14:01(81cm)


【お知らせ】
サーファーズイヤーにならないために
冬の海に入る時は耳栓をおすすめします
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

西から高気圧が張り出してきて
冬型の気圧配置は緩んできます

アリューシャンからの北東うねりは
千葉や茨城エリアには土曜日も
反応が続きそうで

明日よりかはサイズは少し下がるかも
しれませんが
十分サーフィン楽しめるだけの
サイズの波は残るのではないかと思います

風も高気圧の前面で
北西~北東の風がそれほど
強くは吹かないかもしれなく

最高気温も10℃くらいまで上がって
寒さは少し緩んできそうなので
北東うねりで十分遊べる波が
ありそうです

風向きが微妙な感じがしますが
片貝~一宮あたりで柔軟に動けるように
しておくのが良いのではないかと

また明日の状況みて
記事を更新します


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

天気図

アメダス風向風速

台風情報

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

OnThisDay-2017.01.06

1/6 3:00昨日は冬型が若干強まり冷たい北風が吹き寒い1日だったが、次第に西から高気圧に覆わてきているまだ日本付近は等圧線が縦にはしり、日中は北から北東の風がやや強めに吹く可能性あるが、明日にはおさまりそう千葉北エリアは朝一まだ北[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.06

1/6 3:00 ASASアリューシャン付近には948hpaまで猛烈に発達した低気圧があり千葉以北を中心に北東からのうねりが継続中。一方で日本の南の海上には低気圧があり、やや発達しながら東進中。ただこの低気圧はアリューシャン付近にある低気[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.06

1/6 3:00 地上天気図と波情報二十四節気の小寒です。寒の入りとなりますので、今日からは年賀状ではなく寒中見舞いとなります。昨日とは一転して冷え込みの厳しい朝を迎えました。西高東低の気圧配置となり南海上には前線を伴った低気圧が東[…]

OnThisDay-2020.01.06

気圧配置&天気と波情報 : うねり弱く北風が冷たい一日午後3時の実況天気図 ASAS東海上では低気圧がまとまりだしてきており、千島の東にある低気圧とカムチャツカ半島付近にある低気圧はそれぞれ発達してきています。また本州付近[…]

OnThisDay-2021.01.06

明日からまたかなり寒くなりそうです😱はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月6日 水曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝の[…]

北東の風

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン準備と行動

前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.c[…]

冬のサーフィン
大雪警報と北東うねり
最新情報をチェックしよう!