1/2 ASAS weather&wave 

  • 2017年1月2日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01


1/2 6:45-9:30
日本付近は引き続き高気圧に覆われており暖かいお正月に
最高気温は3月の陽気で風も穏やか
千葉エリア、朝一は各ポイントともに無風から北西の風、面への影響はなくクリーンなフェイス
ただどのポイントも朝一は潮が多い時間帯となりタップンタップンのパワーのないブレイク
朝一の白渚も他とそんなに変わらず、腰腹サイズの力のない波、薄いリップでファストブレイクのみで肩の張らない押しの弱い波、途中で厚くなる。セットを掴めれば少し走れるくらいか
インサイドは厚早いワイドが多くて横に抜けるのはキビシイ。
今日はこれから日本海の低気圧に向けての西から南西が強くなり影響がでてくる、千倉や千歳、一宮周辺あたりになるか
明日には冬型へ移行しこの西ベースのウネリが残って次第にまとまってくるかもしれない

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!