9/13 3:00 ASAS

  • 2017年9月13日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

9/13 3:00 ASAS
台風18号からのうねりが反応してきた。
今朝は朝一から西日本の太平洋側から御前崎まで台風からの南うねりがヒット。南向きのビーチでは既にハードなコンディションになっていてクローズ気味なポイントが多くなってきている。
宮崎は肩頭サイズでまだできているポイントあり、四国はもうそろそろビーチのポイントはクローズに、磯ノ浦は肩頭でいい波が割れている。南紀のポイントも朝からいい波が割れているはず。伊勢の国府はうねりが回り込むのでまだサイズ小さい、伊良湖から御前崎まではクローズ気味なポイントが多い。
今朝の千葉エリアは弱い北の風。台風18号からのうねりはまだヒットしてないが、次第に南向きのポイントから反応してくる見込み。一宮周辺から九十九里では昨日と同じくらいのファンコンディション。腰腹から胸サイズで風も弱く朝一から十分サーフィン可能。千葉南も腰腹サイズありポイント選べば楽しめる。平砂浦でも腰サイズあるが、昨日の南より風波の残りのようだが、次第に台風のうねりが反応してくる。
湘南もまだ台風18号からのうねりははっきりとは届いてないが、昨日吹いた南より風波により腰腹サイズが割れていて十分楽しめるコンディション。
茨城から東北から北海道までも今朝はファンサイズのいい波が割れている。
台風からのうねりを週末まで楽しめそうだが、転向して日本を縦断する予報のため今後の動きは要チェック。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell
#台風18号

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!