10/12 3:00 ASAS

  • 2017年10月12日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/12 3:00 ASAS
津軽海峡付近に中心を持つ低気圧がありそこから南西方向の日本海沿岸に沿うように寒冷前線がのびている。この寒冷前線はゆっくり南下しており夜には太平洋側まで到達する見込み。
今朝の千葉エリアは不安定ながらも西から南西寄りの風が弱く吹く。昨日と同じかややサイズダウン傾向ながらも、九十九里エリアでは腰腹から胸サイズの遊べる波。一宮周辺ではワンサイズ大きく胸肩くらいあり今朝もコンディション良くサーフィン楽しめる。御宿から部原では南西の風がやや強めに入り腰胸サイズあるがイマイチ。千葉南エリアも南西の風で千歳から千倉では胸肩くらいの楽しめるコンディション。
湘南もまだ南から南東のうねりに反応していて、鵠沼から辻堂では腰腹サイズ残り、西湘方面では腰胸サイズ。南寄りの風でイマイチながらも今朝もサーフィン可能。前線の通過で北寄りにシフトして面が整うタイミングが出てくるかもなのでサイズダウン前にそのタイミング狙いたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。 今回からは風によって作られた ”波” について書いていこうと思います。 波についても記載すべき内容はいろいろあるのですが、1回の記事で書ける内容も限られるので、何回かに分けてサーファーにとっての”波“について記載していきます。 目次 1 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!