2/19 ASAS weather&wave 

  • 2017年2月19日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

2/19 9:00
日本付近は北日本と東日本中心の冬型、関東には等圧線が縦に走り千葉では北からの風が強めに吹いている
一昨日吹いた春一番による南からのウネリはなくなってきて、あとはこの気圧配置でははるか東海上の高気圧からの吹き出しと冬型により北からの風による風波くらいしかない
低気圧が抜けたとしても、今朝のASASにある低気圧の位置では千葉にもウネリは入りにくい
もう少し東で発達すれば千葉の各ポイントへの反応がよくなってくる
今朝の千葉エリア、北西の風が強めに吹き特に南部で強く吹いている
千葉北は片貝から一宮周辺まで腰程度で強風による流れも入りコンディション的にはよくないポイントが多い
千葉南も北西の風がかなり強めで、オフショアになるもあおられて乗りにくいブレイク、腰腹サイズはある模様だが、全般的にはコンディションはイマイチのようだ
湘南は今朝は一気にスモールへ、西寄りのウネリが続かないのと北からの風で波はおさえられ今朝はヒザサイズまでダウン
低気圧が通過するコースと発達する位置、それに伴っての風の吹走距離と吹続時間により、サイズダウンの早さやサイズなどが異なってくる
今回は湘南のサイズダウンが早く千葉の反応も鈍くなるパターンになるか、今回の一連の気圧配置と今月10日からの冬型のパターンとを覚えておくと、どのエリアでどれくらい波が続くのかとおおよそのサイズ感がわかると思う。
今週は低気圧が月曜と木曜に日本付近を東進、南からの風によるサイズアップ→北風シフトで面が整うパターンになってくるか、なるとしたら今回はどんなパターンになるかが見どころになる

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!