2/18 ASAS weather&wave 

  • 2017年2月18日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

2/18 9:00 由比ヶ浜
昨日は春一番が関東地方でも発表され強い南から南西の風によりジャンクながらもサイズアップした波が今朝はオフショアの風により程よくシェイプされブレイクしている
アメダス風向から昨夜22時くらいに寒冷前線が東京湾から千葉県を通過した模様、寒冷前線通過に伴い風向は南西から北ベースへシフト
湘南では今朝までのオフショアで面が整いクリーンな状態で朝一を迎えた
鎌倉から藤沢、茅ヶ崎、大磯と西に行くにつれ若干サイズさがるが、鎌倉から藤沢の各ポイントでは胸肩サイズの波がブレイク
夜明け前の6時くらいから由比ヶ浜で入水、
朝一は上げにかけての時間帯、セットはワイドながらもたまに切れた波も入る。風は若干サイドが入ったオフショアでやや強め。海から見える煙突からの煙はほぼ真横に流れているのが見える。
海に向かって右側のほうがサイズは小さめ、流れが入り稲村方面へ流される、真ん中あたりがサイズが一番あるものの混雑気味。小さめのセット選べばレフトライトともにいい感じで走れる波も。
サイズはダウン傾向ではあるが、今日中はなんとかサイズは持ちそうな感じ
オフショア強いので明日はスモールになるが、冬型の西寄りの風が若干反応してなんとかできるサイズは残るかも
今朝の千葉南の朝一は、昨日の風による影響が残りまだ整わない感じのスタート、風が北東から東にシフトしてきてサイズは胸肩あるがイマイチな状況。
これから低気圧が通過して三寒四温を繰り返しながら気温は徐々に暖かくなっていく。寒暖差が大きくなる日が多くなるため、体調には注意が必要な季節となる。

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション 久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのかを、 今後はもう少しコンス […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!