5/2 9:00 ASAS

  • 2017年5月2日
  • 2018年12月30日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

5/2 9:00 ASAS https://t.co/BAX6ZNMGlk
日本付近は移動性の高気圧の通り道となっており高気圧の前面に位置するエリアではよく晴れた連休の中日。
昨日関東各地で落雷や突風などのシビア現象が発生したが、今日は上空の寒気も抜けて昨日のような大気が不安定な状態にはならない。
今朝の千葉エリア。全般的にスモールコンディション。膝モモから腰サイズのポイントが多い。朝一は風はオフ寄りだが8時過ぎにはオン寄りが強くなってきた。
一宮の朝一は腰たまに腹サイズで形良く入るセットもあり十分楽しめた。
千葉南ももも腰から腹サイズ。
湘南は本日もスモールコンディション。
今日は宮崎や四万十あたりが腰胸サイズでいい感じのブレイクになっていそう。高気圧吹き出しの吹走時間が長くなってきていて程よいサイズ感で楽しめていそうだ。
伊勢までくると物足りない膝モモサイズ。
伊豆も膝モモサイズ、伊良湖ではウネリに敏感なポイントで腰腹サイズ。
明日から連休後半の5連休、各地で混雑しそう。波が小さくても面がそこだけザワついているところは沖へのカレントが発生している場合があるので注意が必要。

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリーズの2回目です。 内容は気象観測全般に関することから天気予報の作成に関する内容までを記載しています。 […]

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。 平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気付くことが減っていってしまう気がします。一概にすべての人がそうでは […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!