5/1 3:00 ASAS

  • 2017年5月1日
  • 2018年12月30日
  • 2017-01

5/1 3:00 ASAS https://t.co/UWWVAVXE8l
日本付近は南にある高気圧に覆われているが今日は上空に寒気がはいり午後から大気の状態が不安定になる。
今朝の千葉エリア、朝一は今日も風が弱い状態となっていて面はクリーンなポイントが多い。昨日も南よりの風が強めに吹いたのでその影響が少し残っているポイントもあるが一宮周辺は今朝も面はクリーンで腰腹サイズでfun waveがブレイクしている。サイズはコンパクトながら朝一は連休入ってからずっといい波で楽しめている。
千葉南も千歳と千倉が今日の朝一もいい感じのブレイク。
湘南は潮が多くて割れにくいながら鵠沼でもも腰サイズでショートでもなんとかできる。
今日は連休の合間の平日だが休みの人も多くいつもの平日よりかは混雑しそう。
はじめてサーフィンする人も多くなってきそうなのでトラブルないように気をつけたい。
今日は上空500hpaに-20から-25℃の寒気が入りこみ昼間の日射による地上付近の気温上昇に伴って大気の状態が不安定になる。上に冷たい空気、下に暖かい空気の状態となるので、上に暖かい空気下に冷たい空気になるように鉛直方向で大気の激しい移動が発生する。強い上昇気流の発生により雷雲が発生、雷雨や落雷となるエリアが多くなりそうなので、空をよくみて黒い雲に覆われてきたり急に冷たい空気が降りてきたりしたら一旦海から上がって様子見したほうがよい。
遠くに雷の光が見えて時間差で雷鳴が聞こえたらその時間差にざっくり300をかけたら雷までの距離がわかる。5秒後なら1500m離れたところで落雷があるということ。

目次 1 サーファーにとっての風とは2 ”風”はどこで吹くのか3 波をつくるための風とは3.1 どこで風が強く吹くのか3.2 どこで長い距離・長い時間 風は吹くのか サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとっての風とは サーファーはいつも波のことを […]

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!