11/6 3:00 ASAS

  • 2017年11月6日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


11/6 3:00 ASAS
日本付近は移動性の高気圧に覆われて今朝も晴れからのスタート。銚子の東と朝鮮半島付近の2つに中心を持つ大きな高気圧なので、2日分は晴れのエリアを提供してくれそう。水曜には気圧の谷となり天気は下り坂へ。
はるか東の海上にある高気圧の吹き出しからのうねりがメインに弱く反応している状況が継続、全体的には昨日よりもややサイズダウン傾向に。
今朝の千葉エリアは北西から南西までの西ベースの風。風は弱いエリアが多いが一部ではやや強く吹いているところもある。
九十九里エリアでは腿腰から腹くらいで昨日よりも力のない波、一宮周辺が今朝は比較的良さそうで腰腹から胸サイズ、面はクリーンでたまに切れた波もあり楽しめるコンディション。勝浦エリアは腿腰くらいにサイズダウン傾向。
千葉南エリアも腿腰から腹くらいで潮も多いこともあり朝一はボヨつき気味なコンディション、ポイント選べば潮の時間も考慮してもう少し良くなりそうか。
湘南はサイズダウンしてスモールコンディション、ショートでは厳しいサイズまでダウン。
日本海側は西日本を中心に昨日の夕方は胸くらいで風もおさまりクリーンなファンコンディションだったが、今朝はサイズダウンしてサーフィン厳しいサイズに。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリーズの2回目です。 内容は気象観測全般に関することから天気予報の作成に関する内容までを記載しています。 […]

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!