5/5 3:00 ASAS

  • 2017年5月5日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/5 3:00 ASAS 
東経155度以東エリアとなる日本のはるか東海上まで高気圧はゆっくり移動し太平洋側には高気圧縁辺流による南東ウネリが入りやすい気圧配置となってきた。
昨日まで反応がよくなかった千葉や伊豆の東向きポイントでも昨日より反応がよくなっている。
今朝の千葉エリア、腰腹サイズとなり昨日よりもサイズアップ。ただし高気圧縁辺が近いことから朝から南東の風が入り出してきてこれからもう少し強くなりオンショアとなるポイントが多くなりそう。
湘南は腿から腰サイズまでアップ、南東ウネリなので吉浜の反応がよく今朝は混雑している模様。
伊豆も今朝は反応よくなり腰腹から胸サイズが割れるようになってきた。
静波から御前崎にかけては今朝はいいコンディション。南東ウネリに反応し風の影響がまだないためいい波になっている。連休でかなり混雑している模様なので注意が必要。
伊勢の国府の浜は膝腿サイズ、まだ少しウネリが入りにくく反応はイマイチ。
磯ノ浦も膝腿でロングではなんとかできるらしい。
この気圧配置で磯ノ浦で腿サイズあるなら鳴門でも反応しているはず。四国の生見が胸肩サイズなので鳴門エリアでも腰胸サイズが反応しているはず。意外とできるはず。
宮崎ではワンサイズ大きく胸肩から頭サイズまでアップしややハード気味になってきた。
四国の中村周辺や大岐の浜などもサイズあって今日も楽しめそうか。
仲間大勢で一緒にサーフィンするのは楽しいが大勢でいっぺんに入るときは分散して入るなどポイントをよく選んではいるのがマナー。トラブルの元になるので特にビジター側が気を使う必要があると思う。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #高気圧

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

目次 1 関東地方に向けてまっしぐら、沿岸すれすれを北上し三陸沖へ2 台風13号からのうねりの推移2.1 8/52.2 8/62.3 8/72.4 8/82.5 8/92.6 8/103 台風13号からのうねりの反応まとめ3.1 台風通過前3.2 台風通過後4 台風通過後に湘南では水温が顕著に低下 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!