5/11 3:00 ASAS

  • 2017年5月11日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/11 3:00 ASAS
南海上を低気圧が通過し低気圧の中心は三陸沖へ移動した。
本州付近は西から高気圧に覆われる。
大潮の3日目。この時間は引きの潮が動く時間帯となりコンディションが上向いてくるポイントも多くなってきそう。
今朝の千葉エリア、一宮周辺で腹胸から肩サイズ。風は弱くサイズもでてきて十分楽しめそうな波。
千葉南は腰胸サイズあるが潮がまだ多く割れにくいポイントが多い。これから引いてきたらコンディションが上向いてきそう。
湘南は昨日の低気圧からの南ウネリが反応し鵠沼から辻堂で腰腹サイズ。サイズダウンしてきそうなので早めに入っておいたほうがよさそう。
他エリアでも低気圧からの南ウネリが反応していて磯ノ浦でも腿腰サイズあるがサイズダウン早そうなので今のうちに遊んでおきたい。茨城から東北の太平洋側ではサイズもあり風も弱く今日は十分楽しめそう。
四国から宮崎はスモールサイズに。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan

目次 1 週末は波があるのか?ないのか?2 うねりの向きとは3 うねりの向きとサーフポイントの関係4 うねりの向きでポイントを選ぶ5 地上天気図からうねりの向きを見つける5.1 太平洋側は高気圧の位置で東うねりの反応がざっくりわかる5.2 低気圧や台風の位置からうねりの方向を見つける5.2.1 台風 […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!