毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

5/13 3:00 ASAS

  • 2017年5月13日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/13 3:00 ASAS
豊後水道付近に中心を持つ低気圧がこれから本州を横断する見込み。
すでにこの低気圧の影響により九州から四国では大雨となっており、多いところでは1時間に80mm前後の猛烈な雨を観測している。
これから午後にかけて、東海から関東地方でも大雨になるところがあり注意が必要。
今朝の千葉エリア、昨日と同じくらいの膝腰サイズの物足りないコンディション。朝一は南部を中心に風は弱い状況だったがこの時間はすでに低気圧に吹き込む東から南東の風が強くなってきており、サイズ小さい上に風の入ったコンディションとなってしまった。今日は夕方まで東から南東の風の影響が続きサイズアップしてくるがジャンク気味なポイントが多くなりそう。
湘南もスモールコンディションのスタート。風は弱い状況のようだがヒザ程度のサイズでロングでなんとかできる感じか。
四国から宮崎では低気圧のウネリが反応しはじめており、生見では腰胸サイズ、宮崎では胸肩サイズまでアップしておりタイミング見て入れば楽しめる波に出会えそうだ。
明日にかけて上空に寒気が入ってくるため大気の状態が不安定になってくる。今日これからの大雨と共に明日にかけては落雷や突風などにも注意が必要。黒い雲や雷の音が聞こえたら海からあがり車の中へ。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

梅雨の波アイキャッチ

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説 前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました 季節毎の特徴的な気圧配置のときにどのような風と波のコンディションになっていくのか。 今回は「梅雨の波」について解説 […]

目次 1 なぜサーファーが台風に注目するのか?2 そもそも台風とは何なのか2.1 台風かどうかは中心付近の最大風速で決まる2.2 発生する地域によって呼び方が異なる2.2.1 台風2.2.2 ハリケーン2.2.3 サイクロン2.2.4 ウィリーウィリー2.3 台風の名前3 台風の強さと大きさ3.1 […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!