7/14 3:00 ASAS

  • 2017年7月14日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

7/14 3:00 ASAS
梅雨前線は東北地方に位置しており、昨日は九州南部で梅雨明けが発表された。
西日本から東日本にかけても梅雨明けが間近の状況になってきており、今日も多くのエリアで梅雨明けが発表されそう。
関東地方の今年の梅雨は梅雨らしい感じがほとんどしなかったが、九州北部から中国地方および北陸にかけての西日本では各地で豪雨が発生するなど、東と西で対照的な梅雨となった。
今朝の千葉エリアは南から南東の風。ここしばらく南の風が続き、吹続時間が長くなったことにより南の風波がサイズアップしてきている。九十九里から一宮周辺では腰腹サイズ。風の合う一宮周辺のほうが良さそう。南の風が続いているので水温が下がっているので、ウェットは準備したほうがよい。
千葉南も腰腹サイズ。潮が多い時間帯でよくはないが多少サイズがでたので潮が引いてくると良くなりそう。
湘南も腿腰サイズをなんとかキープしていて、ショートでもサーフィンは可能。
南の海上にある熱帯低気圧は発達はしないまま不明瞭になりそうだが、ウネリの反応が少し出てくるかもしれない。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨明け

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 都内から週末に通える海2 千葉エリア2.1 広範囲のうねりに反応する千葉エリア2.2 バラエティに富んだサーフポイント2.2.1 飯岡エリア2.2.2 片貝エリア2.2.3 一宮エリア2.2.4 九十九里エリア2.2.5 夷隅~大原2.2.6 勝浦エリア2.2.7 鴨川~和田エリア2.2. […]

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。 今回からは風によって作られた ”波” について書いていこうと思います。 波についても記載すべき内容はいろいろあるのですが、1回の記事で書ける内容も限られるので、何回かに分けてサーファーにとっての”波“について記載していきます。 目次 1 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!