5/21 9:00 ASAS

  • 2017年5月21日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


5/21 9:00 ASAS
本州付近は移動性の高気圧にすっぽり覆われており昨日に引き続きよく晴れている。
昨日よりも気温は各地で上昇する見込みで、東京でも真夏日となるかもしれない。
ただサーファー的にはこの気圧配置だと太平洋側は物足りないコンディションになってしまう。波の源は太平洋高気圧からの吹き出しがメインでこれがなんとか反応しているといった状況。
今朝の千葉エリア、朝一は風は無風。各ポイントの面はよい状況だが、サイズはセットで腰あるかないかといったコンディション。
どのポイントも力のないブレイクで、インサイド寄りの繋がり気味でコンディション的にはイマイチ。志田下では明日からのQS6000の選手が練習セッションとなっているらしく、こんなコンディションでもアクションを決めているらしい。
湘南は今朝もスモールコンディション。
茨城から仙台エリアまでもセットで腰程度。
御前崎から伊良湖までも腰程度、四国から宮崎も腿腰サイズ。今日は本州太平洋側はどこも同じようなコンディション。
全国的には昼前からオンショアが入りそうで更に波質を落としてしまいそう。
こんな日は志田下でプロのライディングを目の前で見学するのがよいかもしれない。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #QS6000 

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリー […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!