6/11 3:00 ASAS

  • 2017年6月11日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


6/11 3:00 ASAS
北海道の東の海上には上空に寒気を伴った低気圧がありゆっくり東進、一方、東シナ海には前線を伴った低気圧がありこれから西日本へ。
今朝の千葉エリアは北ベースの風。
千葉北の九十九里から一宮周辺エリアでは腰腹サイズをキープ。朝一は大潮の満潮時間帯となり割れにくい。これから風は東へシフトしてきそうなので今のうちに入っておいた方が良さそう。
千葉南は少しサイズあり腰胸のポイントが多い。こちらも北から北東の風が吹いておりこれから強くなる見込み。マルキなど風をかわすポイントではまだ出来そうだがこちらも早めに入っておいた方が良さそう。
湘南は昨日の南よりの風波は朝一からサイズダウン。潮が多いこともあり割れにくい。吉浜では膝腿サイズで少し出来ていそうだがかなり物足りない。
茨城から東北では千葉と同じくらいの腰腹サイズ、北海道の浜厚真では腰腹サイズで楽しめるブレイクで人も賑わっている模様。
西日本の太平洋側は物足りない膝越しサイズ。日本海側は西日本はウネリよわくなったが福井から北のエリアではサイズあり楽しめている模様。福井の三国では腰腹から胸肩サイズで昨日から十分楽しめるコンディションになっている模様。10年くらい前に福井豪雨が発生した日に三国のポイントでたまたま入っていたが、その日はかなりいい波だったことを思い出す。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #大潮 #明日から中潮

前回の記事「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1)」では、主に気象学の観点から大気の熱力学、降水過程、大気の放射と運動に関してのキーワード/用語をずらずらと記載しました。 今回はそのシリー […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての […]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!