6/21 3:00 ASAS

  • 2017年6月21日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

6/21 3:00 ASAS
梅雨前線が本州付近に停滞、梅雨前線上の低気圧は四国付近にあり東へゆっくり進む。
太平洋高気圧から暖かく湿った空気が大量に前線に流れ込み梅雨前線の活動が活発になってきている。
今朝は西日本では雨風がかなり強まっており
大粒の雨となっている地域もあり土砂災害などにも警戒が必要な雨量になる恐れがある。
西日本の各ポイントでは南よりの風が強まりサイズアップしているが、強い風によりクローズになっているポイントも多い。低気圧が抜けた宮崎などでは風が弱まっている傾向があるが低気圧の前面に位置するエリアでは今朝は危険なコンディションのため無理に海には入らないようにしたい。
今朝の千葉エリアは南の風が弱め。まだ低気圧の風の影響はでてなく東の海上に抜けた低気圧からのウネリが反応している。一宮周辺では胸肩サイズでクリーンなフェイスでグッドコンディション。これから雨風強まるので早く入っておいたほうがよさそう。
湘南はすでに南の風が強まっていて若干サイズアップ中だがこれからジャンクになっていく。湘南は明日の朝一が狙い目。
気圧配置的にはかなりの雨量が見込まれるため、今日の午後は十分注意されたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線 #低気圧

目次 1 台風を良く知るための連載(2回目)2 台風の発生するエリア2.1 ①風が収束して大量の雲が発生2.2 ②海水温が26~27度以上2.3 ③渦を巻く力が働きだす3 台風のエネルギー源と発達3.1 上昇気流が大量の水蒸気を吸い込む3.2 発達の過程でも重要なのは海水温4 季節ごとの台風のコース […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!