6/22 3:00 ASAS

  • 2017年6月22日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

6/22 3:00 ASAS
梅雨前線上を発達しながら東進した低気圧は三陸沖まで北東進し、そこから日本列島に沿うように九州の南まで梅雨前線が停滞。
昨日は各地で台風並みの雨風となった地点が多く、太平洋側は強い南よりの風の影響が今朝も残っているポイントが多い。
まだウネリが落ち着かないポイントも多いのとカレントが見た目以上に強い場合があるので、自分の技量に応じたポイント選びが必要。
今朝の千葉エリアは弱い西よりの風。昨日からのウネリは落ち着き傾向ではあるがまだまだ整わないポイントが多い。九十九里エリアでは南からのカレントも強くもう少し落ち着くのを待ったほうがよさそう。一宮周辺はオフよりの風だったので比較的整っていて、志田下や太東では胸肩サイズの十分に楽しめるコンディション。
千葉南も落ち着いてきているので、千歳や千倉中心にコンディションはもう少しよくなりそう。今日は平砂浦で胸肩サイズあり朝一から楽しめるコンディション。
湘南も朝一から楽しめるコンディション。由比ヶ浜から鎌高までは胸肩サイズが残り、面はまだザワつき気味だが十分に楽しめるコンディション。鵠沼から平塚までのポイントは肩頭サイズがまだバンバン入ってくるところがあり、ゲットがハードながらもできるコンディション。流れが強めにあるので十分注意が必要。
伊豆はまだクローズなポイントが多い。西日本の太平洋側もサイズが残り出来るポイントが多いが風の影響でまとまらないポイントも多い。東北も落ち着くまでもう少し時間かかりそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線 #低気圧

目次 1 台風24号による湘南の波2 10/1 12時 千島近海まで北東へ進み温帯低気圧になる3 10/1 6時 東北の宮古市付近まで一気に北東進、首都圏の交通機関は一部で大混乱に3.1 9/30 23時 伊勢湾の潮位はピークを越えた、首都圏はこれから暴風域3.2 9/30 20時 和歌山県田辺市に […]

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。 前回までの記事をざっとおさらいしておきますと 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています https://asasfsas24.com/20190709/wave-8409/ 2回目は台 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!