6/20 3:00 ASAS 21:00 FSAS24

  • 2017年6月20日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01


6/20 3:00 ASAS 21:00 FSAS24
日本の東の海上へ抜けた低気圧からのウネリが今朝も各地にヒットしている。
一方、東シナ海には梅雨前線が停滞しており明日にかけて低気圧が発生し東進する見込み。太平洋高気圧が梅雨前線を押し上げて本州付近の本格的な梅雨がはじまる。沖縄奄美地方は梅雨明けが近くなってきた。
今朝の千葉エリアは無風から弱い北から北西の風。サイズダウン傾向だが、低気圧からのウネリがダイレクトに反応していてまだクローズなポイントもある。飯岡や御宿はサイズダウン。一宮周辺はウネリ強くてまだハード。東から北東ウネリなので片貝周辺や部原ではウネリ程よく軽減して今朝は胸肩サイズでコンディション良さそう。
千葉南も鴨川から和田では胸肩サイズまで落ち着き程よく楽しめる波。千倉千歳はワンサイズ大きいがこれから程よく楽しめるようになりそう。
湘南はサイズダウン。東ウネリに反応する吉浜で腰サイズあるくらいか。
伊勢や生見や宮崎など東向きポイントでは腰胸サイズでファンサーフできるコンディションに。
明日は西日本から新たな低気圧からのウネリが反応してきそう。低気圧が近すぎるので風の影響がありそう。
今日もまだまだハードなポイントがあるので、よく海を見て流れや潮の時間を気にして無理のないポイント選定を。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線 #低気圧

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

サーファーが知っておきたい台風への備え これまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。 台風への備えや対策については、他にもいろいろなサイトで紹介されているので、それら専 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!