毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

6/30 3:00 ASAS

  • 2017年6月30日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

6/30 3:00 ASAS
梅雨前線が西日本から北上をはじめており午前3時の解析ではキンクが九州北部付近にありそこから西へ紀伊半島を通り関東の南の海上へのびている。
また沖縄付近には弱い熱帯低気圧が解析されゆっくり北上しているが明日以降は不明瞭になる見込み。
今朝の千葉エリアは北部は南の風で南部は無風から北寄り弱い風。
波のサイズは昨日までと大きく変わらずの腿腰から腹くらい。千葉北では風の合う一宮周辺が無難にできるコンディション。千葉南でも腰腹サイズが残り潮が引いてくればもう少しコンディションは良くなりそう。
湘南は鵠沼で膝腿くらいありなんとかサーフィンは可能なコンディション。
西日本の太平洋側も大きな変化はないが、宮崎では多少サイズアップ傾向で腰胸くらいのファンウェイブになっている。茨城から東北にかけても腰前後の少し物足りないコンディション。
前線に近いエリアでは落雷や突風など急な天気の変化があるかもしれないので怪しい空になってきたら注意して海から上がるとか気をつけたい。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 刻々と変化する波のコンディション2 気圧配置のパターンで風と波を読む3 代表的な気圧配置のパターン3.1 西高東低の冬型の気圧配置3.2 アリューシャン低気圧からの北東うねり3.3 南岸低気圧3.4 春一番3.5 高気圧からの吹き出し3.6 梅雨前線3.7 夏の太平洋高気圧3.8 台風3. […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 鳥取エリア3 兵庫エリア4 京都エリア4.1 丹後エリア4.2 舞鶴エリア5 福井エリア5.1 高浜エリア5.2 敦賀エリア5.3 三国エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前 […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!