7/8 9:00 ASAS

  • 2017年7月8日
  • 2018年12月31日
  • 2017-01

7/8 9:00 ASAS
梅雨前線は朝鮮半島から四国付近を通り関東の南の海上へのびている。
西日本と東日本では対照的な気圧配置となり、西日本では南の太平洋高気圧が優勢で梅雨前線を押し上げており、東日本は北の高気圧に覆われていて梅雨前線を南に押し下げている。九州から中国地方にかけては今後も大雨に対する警戒は引き続き必要。
今朝の千葉エリアは朝一はほぼ無風。
波のサイズは昨日と変わらずの膝腿から腰サイズ。ウネリの方向は南ベースなので南に敏感なポイントのほうが多少はできるが、全体的には物足りないコンディション。午前中9時くらいにかけて大潮の干潮時間帯なので多少は割れやすくなってきた。
湘南は今日もスモールコンディションでまともにサーフィンするには厳しいコンディション。
明日も同じようなコンディションになりそう。潮回りの時間帯により多少は良くなりそうなのでうまくポイントセレクトしたい。風は朝一は弱いが次第に南東ベースが強くなりそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #梅雨前線

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応1.1 日本海のサーフポイント2 日本海でいい波をあてるには2.1 強いオンショアによるサイズアップ2.2 冬型の気圧配置が緩んだ時がねらい目2.2.1 以下は2019年元旦午前3時の地上天気図です。3 気圧配置のチェックとポイント選びが重要3.1 天気図を見 […]

高気圧からの吹き出し サーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。 今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天気図を見ることだと思います。 今回から数回にわけて、以前に記載し […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!