7/22 3:00 ASAS

  • 2017年7月22日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

7/22 3:00 ASAS
北緯30度帯の南の海上には東西に大規模な低圧部が形成されている。今朝のASASにはこれから熱帯低気圧になる見込みの低気圧を含めると、6個の熱帯性の低気圧および台風が解析されている。昨日台風5号および6号がそれぞれ発生、TS1705はほぼ停滞気味でその後ろにいるTS1706が西進してTS1705を追い越す感じになりそう。ただこれだけ台風同士が近いと藤原の効果が効いてきて複雑な動きになるかもしれない。
一方の四国沖の切離低気圧は南下ゆっくりしていて次第に熱帯低気圧の構造に変化してきている。フィリピン付近にも熱帯低気圧があり北東へ進んでいる。
明日以降になりそうだが、これら複数の熱帯低気圧や台風からのウネリの反応が出てきそう。来週は太平洋側では久しぶりのサイズで楽しめるポイントが多くなりそう。
しばらく波がない状況だったが、その分を取り返すくらいの1週間になりそうか。
自然はかならずバランスを取りにくる。全ての気象現象は地球のバランスをとるために発生する。
今朝の千葉エリアは弱い南の風。波のサイズは昨日と変わらず膝腿から腰程度。
湘南もスモールコンディションが続いている。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #熱帯低気圧 #台風