9/19 3:00 ASAS

  • 2017年9月19日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

9/19 3:00 ASAS
台風18号は温帯低気圧となり北海道の北で再度発達過程となっている。2日間かけて日本列島を縦断し各地で爪痕を残す結果となった。本州付近は西から高気圧に覆われて秋の空。
台風18号が残した南のうねりは昨日西から落ち着きをはじめており、今朝は関東から東北地方まで落ち着きを見せている。
今朝の千葉エリアは北の風。だいぶ落ち着いてきておりポイント選べば楽しめるグッドコンディション。九十九里から一宮周辺までは胸肩サイズ。風の影響はほとんどないが、南うねりがまだまとまりきらずにヨレが入ったコンディション。一宮から志田下まではなかなかのコンディションになっていて楽しめる。千葉南も同じくらいの腹胸から肩サイズ、千倉は昨日からオフの風でできていたが、和田から白渚エリアでも今朝は楽しめるコンディション。今後は風が南寄りになりそうなのでポイントと潮回りを選べば一日楽しめそう。今日から大潮が三日間続くので、時間帯は要チェック。
湘南もまだ腰腹から胸くらいサイズあり朝一から賑わっている模様。鎌倉藤沢から大磯湯河原まで今朝は十分楽しめるコンディション。ここ最近はうねりの向きもあい吉浜が良さそう。
伊豆から西はだいぶ落ち着いてきて今朝はサーフィン可能になってきている。日本海側も北うねりが残って、若狭湾から京都、鳥取にかけて胸肩サイズで今朝は楽しめるコンディション。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell