9/22 3:00 ASAS

  • 2017年9月22日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

9/22 3:00 ASAS
午前3時のASASでは北日本に中心を持つ移動性の高気圧に覆われており高気圧は東進、西日本の南岸にはキンクを伴った前線が停滞しており、キンクはこれから低気圧にかわり東進してくる見込み。西日本から天気は下り坂、関東地方も高気圧後面に差し掛かる。
今朝の千葉エリアは東から北東の風が強め。移動性高気圧からの吹き出しがモロに朝から影響を及ぼしている。九十九里では腰腹くらい、一宮周辺では腹胸から肩くらいサイズはあるが、風の影響を受けてコンディションはイマイチ。飯岡はスモールコンディション、御宿部原は潮が多く割れにくい腰くらいのブレイク。千葉南も腰腹から胸サイズ。こちらも北東の風が吹いておりこれから更に強まってくる。まだこの時間は影響は少ない方なので早めが無難。北東かわせるマルキで潮の時間を考慮して入るのがいいかも。
湘南はスモールコンディション。鵠沼で脛膝サイズでショートは厳しいサイズ。吉浜までいけば腰くらいありそう。
日本海側も今朝はサイズダウン。京都の八丁浜ではまだ腰腹くらいありできそう。福井の高浜周辺は膝腰くらい、三国のほうが少しサイズありそう。
週間予報支援図を見ていると来週の後半にかけて北日本から東日本ではかなり気温が下がる予報に。寒気が流れ込んできて初冬の寒さになりそうなくらいの数字がでている。体調崩さないよう、朝一はもうジャージのフルが必要になってきた。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。 前回までの記事をざっとおさらいしておきますと 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています https://asasfsas24.com/20190709/wave-8409/ 2回目は台 […]

目次 1 波はどうして崩れるのか2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 コンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレイクにはリスクも多い2.2.2 リーフブレイクは潮回りのチェックが重要2.3 ③リバーマウス2.3.1 なぜ河口の波 […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!