11/3 3:00 ASAS

  • 2017年11月3日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

11/3 3:00 ASAS
関東の南には弱い低気圧があり東進中、千葉沿岸は朝一弱い雨が降っていたがこの時間は雨域は東の海上に抜けつつある。朝鮮半島から日本海にかけて前線を伴った低気圧がありこちらも東進中、今夜から明日にかけて寒冷前線が北日本を通過し、その後は一時的に弱い冬型の気圧配置になるが、その後は大陸からの移動性高気圧に広く覆われる。日曜日は小春日和となり三連休の最終日はお出かけするには良い気候になりそう。ちなみに小春日和はこの時期に使う冬の季語。
台風23号が発生しているが、こちらは今の所日本への影響はない見込み。
今朝の千葉エリアは北部では弱い北から北西の風、南部はやや強い北の風。東の海上にある高気圧からの縁辺流によるうねりがなんとか反応している状況。九十九里エリアでは腿腰から腹サイズでヨレがあるものの遊べる波はありそう。一宮周辺は北西の風でサイドオフとなってきて少しまとまってきている、サイズは腰腹から胸くらい。御宿あたりから風がやや強くなってきていて部原では腰腹サイズはなんとかキープしているが潮が多い。
千葉南は北から北西の風が強く吹き、鴨川から和田まで腰から腹サイズあるがオフショアキツく乗りづらい。千歳までいけば風が少し弱くなってきていて腰腹くらいで楽しめる。
湘南はサイズダウンして鎌倉から大磯まではスモールコンディション。吉浜まで行けば腿腰サイズでなんとか出来そう。湘南は冬型の気圧配置になり大西が吹いた翌日はコンディションが整うことが多い。これからの季節は冬型の気圧配置による西ベースの風波によりサイズアップする日を意識しておくといい波当てられるかも。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。 1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています 2回目は台風がどこで発生してどんなコースをたどるのかをメインとして、台風の発達のメカニズムまでの内 […]

目次 1 なぜ潮まわりを知っておく必要があるのか2 リーフブレイクでは潮まわりを知らないと危険2.1 満潮時刻に合わせて海へ向かう2.2 逆に干潮にならないと波が割れないポイントも3 ビーチブレイクでも潮まわりは重要なファクター4 潮が動く時間帯に合わせて海にはいる サーフィン関連商品ならQUIKS […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!