12/2 3:00 ASAS

  • 2017年12月2日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

12/2 3:00 ASAS
冬型の気圧配置は緩み西日本から高気圧に覆われてきている。500hpaでは先月の中旬あたりから寒気が居座る状況が続いており、今月もまだ当面少なくとも今月中旬まではこのような状況が続く見込みで500hpaでは-40度以下の寒気が同じような場所に停滞。
昨年は11月に記録的な積雪があったが今年は積雪はないまでも寒い日が続いている。
今朝の千葉エリアは北から北北東の風がところによりやや強い。はるか東の海上にある高気圧からの東から南東うねりが続いていて、九十九里エリアでは腰腹サイズ、一宮周辺は腰胸から肩くらいのサイズ感。飯岡に近づけば面はクリーンになるがサイズはアベレージ腰くらいと少し物足りない感じ。一宮周辺は北からの風で面はザワつきながらもサイズあり、やはり北よりの風をかわしやすい片貝新堤が混雑している模様。
千葉南も北北東がやや強めでサイズは腰腹から胸くらい。マルキは北東をかわしクリーンなフェイスで今朝はかなりの混雑っぷり。この時期あたりから水温の温い千葉南へ通い出す人が多くなり北東まじりの風の時はマルキが大人気に。その分千葉北は人が減り水の冷たさが問題なければ人知れずいい波を独占できる日があるかも。
湘南は膝くらいのスモールコンディション。吉浜までいけば腿腰くらいはありそう。
日本海側は西日本からまとまってきて今朝はグッドコンディション。土日に冬型が緩むタイミングがちょうど合った感じで今日は各ポイントで楽しめそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #気圧配置

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。 今回は天気と気象を知るための様々な公式についてを1つの記事にしています。 様々な気象現象にはそれを表すための数式が存在しており […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!