5/23 3:00 ASAS

  • 2017年5月23日
  • 2018年9月17日
  • 2017-01

5/23 3:00 ASAS
日本付近は高圧帯の後面に位置しており今日も梅雨入りの南西諸島を除き全国的に晴れ。
昨日は上空850hpaで15度の暖気に覆われていて地上付近は30度を越える真夏日になった地点も多かった。今日も同じくらいの暑さになる地点もありそうなので熱中症には注意。
今朝の千葉エリア、昨日よりも若干サイズアップ。東の海上にある高気圧およびはるか東の海上にある太平洋高気圧からの吹き出しによる波の反応が上向いている。
九十九里から一宮周辺まで腰腹サイズ。風は弱いポイントが多い。
千葉南も腰腹サイズまでアップ。昨日の風の影響が残り千歳や千倉の南向きのポイントのほうがコンディションは良さそう。
志田下も腰腹サイズあり今日は大会が開催されそうなので楽しみ。
湘南は昨日の南風からの影響もあり膝腿サイズでなんとかサーフィン可能。
その他エリアも南から南東のウネリに敏感なポイント中心に腰腹から胸サイズまでアップ。昨日よりも楽しめるポイントが多くなっている。仙台新港では腰胸サイズ。御前崎から伊良湖は腰腹サイズ。生見と宮崎も腰腹から胸サイズが反応している。
ここ最近の暑さも今日か明日まで。明日の後半あたりから雲が多くなり気温も平年並みに落ち着いてくる見込み。
#surf #surfer #surfing #wave #beautiful #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sky #sunrise #japan #サイズアップ #QS6000

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。 それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。 波乗りのための気象に関する知識と経験則については、波乗り気象学のカテゴリ […]

目次 1 サーファーにとってのもうひとつの”風”2 “波”を見て“風”を感じる3 風の吹き方で波も変わる3.1 オフショア3.2 オンショア3.3 無風4 ポイントによりオフショアの向きが異なる サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト サーファーにとってのもうひ […]

【Kindle版:\250】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!